20210502_GRスープラ_エキゾースト_マフラー_フジツボ_オーソライズ_VVV_ブイダブリュー

GRスープラ用フジツボオーソライズVVVマフラーの音評価、感想


今回は、エキゾースト・マフラーメーカー「フジツボ(FUJITSUBO)」のトヨタ・GRスープラ用AUTHORIZE(オーソライズ) VVVマフラーを紹介する。

電子制御の複雑化、保安基準の変更等によりチューニングパーツ開発が難しいと言われるトヨタ・GRスープラだが、なかなかどうして、今の時代にあったサウンドと気持ち良さを追求したマフラーを開発してくれた。

20210502_GRスープラ_エキゾースト_マフラー_フジツボ_オーソライズ_VVV_ブイダブリュー_01 20210502_GRスープラ_エキゾースト_マフラー_フジツボ_オーソライズ_VVV_ブイダブリュー_02 20210502_GRスープラ_エキゾースト_マフラー_フジツボ_オーソライズ_VVV_ブイダブリュー_04

このマフラー、AUTHORIZE(オーソライズ)VVVは、”実用重視でノーマルマフラーとスポーツマフラーの良いとこ取り”がコンセプトとなっており、装着されたカーボンテールが見た目のスポーティーさをより際立たせている。
全体はステンレスとチタン、両側2本出しカーボンテールパイプという構成で、そこに装着される排気バルブコントロールユニットにより、車内からサウンドとパワーのコントロールができる機能が設けられている。

マフラー出口の径はφ118。
マフラー装着時の最低地上高は、ルーフ高1280mmに対して110mmとなっている。
既に車高を落としている方は、この数値を目安に装着を検討してほしい。

肝心のマフラー装着後の音量と性能変化を見てみよう。
まず最大パワーと最大トルクだ。

【最大パワー】
ノーマル:401.7ps / 5070rpm ⇒ FUJITSUBO:402.7ps / 5080rpm
【トルク】
ノーマル:61.5kg・m / 3080rpm ⇒ FUJITSUBO:62.9kg・m / 3010rpm

※情報元:FUJITSUBO EXHAUST SYSTEMS

ここで注目したいのが最大トルクと発生回転数で、トルクアップかつ発生回転数が低くなっている。
これは街乗りでも気持ち良さが増すはず。
なにより高いギアのまま、それほどアクセルを踏まなくても走れる速度域が増えるので、無駄にギアチェンジを発生させる事もなくスムーズな走行と燃費の向上に寄与してくれる。

次にマフラー重量を見てみよう。

【マフラー重量】
ノーマル:25.6kg ⇒ FUJITSUBO:16.5kg

※情報元:FUJITSUBO EXHAUST SYSTEMS

幅に軽量化されているのがわかるだろう。
軽量化は車の乗りやすさと運動性向上に繋がるので、このマフラーを装着した後、いくらかの恩恵に預かれそうだ。

そして近年厳しさが増すマフラーサウンドについてだが、驚くべき結果が出ている。

【音量アイドリング】
ノーマル:63dB ⇒ FUJITSUBO:66(61)dB
【近接排気騒音(3750rpm) 】
ノーマル:93dB ⇒ FUJITSUBO:87(86)dB
【3000rpm】
ノーマル:77dB ⇒ FUJITSUBO:75(75)dB
【5000rpm】
ノーマル:91dB ⇒ FUJITSUBO:91(88)dB
【4000rpm ~ 6000rpm】
ノーマル:103dB ⇒ FUJITSUBO:97(99)dB

※情報元:FUJITSUBO EXHAUST SYSTEMS

カッコは排気バルブを閉じた時の数値だが、全体的にノーマルより低く抑えらえている。
排気バルブを開いても、ノーマルとほとんど変わっていない点も興味深い。
これなら現在の保安基準も安心してクリアできるし、ご近所を走る際に音量で迷惑をかける事もないだろう。

最近は、ノーマルでも音量が大きいからと低くなるマフラーを探される方もいると聞く。
そんな方にも、フジツボのVVVモデルがとても魅力的に感じるはず。

20210502_GRスープラ_エキゾースト_マフラー_フジツボ_オーソライズ_VVV_ブイダブリュー_03

では、実際にサウンドを聴いてもらいたい。
バルブクローズ、バルブオープン、バルブオープン+アンチラグONの3パターンのサウンドを撮影した。

なかなか気持ちの良いサウンドだったと思うが、いかがだっただろう?
今の時代にマッチした開発コンセプト通りのマフラーで、GRスープラ本来のバランスを崩さず、そのパフォーマンスをさらに伸ばしたものとなっている。
価格は税込みで616,000円(本体価格560,000円)。
素材やシステム構成を考えると、かなりお値打ちな値段といえるだろう。
どこでも気ままにGRスープラを楽しんでいきたいオーナーさんなら、このマフラーの選択をプランに入れてみるのもいいかもしれない。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
FUJITSUBO

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。