20210320_車_ECU_修理_コンピュータ基盤_メンテナンス

交換ではなくECUコンピュータを修理する選択

車載ECUの劣化でコンピュータ基盤が壊れてしまった場合、多くは新品交換か中古を探す、社外品へ乗せ換える等の手段を取るが、ECUのコンピュータ基盤そのものが修理でき、そのうえ新品当時の調子を取り戻せる方法があるなら、あなたはどう判断する?
そんなECU(車載用電子制御ユニット、エンジン・コントロール・ユニット、エレクトリック・コントロール・ユニットとも呼ばれる)の修理を専門に扱う会社が、群馬県前橋市にある。
その名もキャニーエクイップ
ECU整備に専門特化した会社で、北海道から沖縄まで日本全国の整備工場やディーラー、個人のお客様に対し、コンピュータの点検・修理、オーバーホールといった各種サービスを専門技術を駆使して展開している。

ECUトラブルと一口言ってもピンと来ない方も多いだろう。
よく聞かれるのが、コンピュータ基盤の各ICチップや端子を付けているハンダが劣化で剥がれてしまうケース。
今現在だと昭和から平成中期くらいの中古車あたりで多いらしく、新品が手に入りにくいため中古ECUを求める方の声がよく聞かれる。

キャニーエクイップにも日々様々な修理依頼が舞い込んでくるが、その内訳を見るとやはり故障してからの修理依頼が多い。
ただ、最近はECUの故障リスクに対する認知度が高まってきたのか、予防整備やオーバーホール、リフレッシュサービスの依頼も増えつつある。

予防整備はとても重要で、人間の健康診断と同様に不具合の兆候を早期に発見できれば、それだけ修理も早く容易に済ませる事ができる。
例えば経年劣化による故障では電解コンデンサーからの液漏れが多いらしく、放っておくとそのダメージ範囲がどんどん広がってくる。
また異常加熱の兆候をそのまま放置しておくと、基盤の熔解やそれが火元となり車両火災へ繋がる事にもなりかねない。
可能限り修理してお客様にお返ししたいため「故障の著しい」修理依頼でも苦戦覚悟で取り組むが、あまりに酷ければ修理不可能と判断せざるえない事もあるようだ。
今の愛車を長く楽しみたい方は、この事をぜひ記憶に留めておいたほうがいいだろう。

20210320_車_ECU_修理_コンピュータ基盤_メンテナンス_03

さて、このようなサービスを始めた切っ掛けを伺ってみたが、どうやら旧車乗り共通の悩みである”部品が手に入らない”事が発端だったようだ。
元々、こちらである旧車の修理を行っていた際にECU故障にぶつかり、やはり中古品もリビルド品も手に入らず手詰まりに。
そこで、物が手に入らないなら自分達で修理すればいいという考えに行きつき、お客様の了承の元、試行錯誤を重ねつつ修理は無事完了した。
その時のお客様の喜んでいる姿を見て、同じ悩みを抱える方の手助けになれればと考え、ECU修理サービスを本格的に立ち上げたそうだ。

とは言えそう簡単にいくものでもない。
そもそもECUと言ってもメーカーによってその設計やシステム構成は全然違うわけで、メーカーの企業秘密が詰まっている箇所とも言える。
当然、回路図や仕様書といった資料やデータを出してもらえるわけがない。
そこで独自に調査、解析をする事になるのだが、データ不足のまま安易な判断をするとECUを壊す事にもなりかねないので、特に初めてのECUに携わる際、お客様と相談しつつじっくり調査を進めて取り組んでいく事になる。

他にも故障部品が特注品で入手不可能となり修理不可能となったり、修理後の検査では異常がなくとも、ICチップ内部の絶縁不良が原因で導通時に予期せぬ症状が起きるなどのリスクも僅かながらあるという。
そのため「必ず完璧に直せる」とは断言できないようだ。
もちろん安易な安請け合いはせず、そういった問題、リスクは包み隠さずお客様に開示し、その後協議しながらお客様の了承を得たうえで作業を進めるようにされている。

こうして多くの難関を乗り越え、信頼と実績を積み重ねてきたキャニーエクイップ
こうしている今も日々数多くの作業依頼が舞い込んでおり、その数も、こんなに困っている方がいるのかと驚くほど。
利用されたお客様からの反響も大きく、今でも多くの喜びの声が届けられているようだ。
一部を紹介する。
———————-
まさかこれほど変わるとは、、、これは別物です。

まずエンジン音が静かでアイドリングも400回転に安定してくれ、今まであった不整脈も感じられません。
そして走ると一言で「乗りやすい」。
これは確実にトルクもパワーも一回り上がっている感じです。
そのおかげでギアの繋がりも今まで以上にスムーズで、快適この上ない状況です。
特にトルクアップを実感として感じるのは裏山の山道で、今まで三速に落とさないと気持ちよく上がれなかった登りカーブが、何事もなく四速のままスムーズに上がれました。

あと驚いたのが、この8年、室内には窓が開けられないほど臭かったガソリン臭が漂っていましたが、その匂いが全く消えていました。
この事は想定していなかったもので、本当に「最高にありがたい誤算」でした。
———————-
※その他のお客様の声を読みたい方はこちらを参照

20210320_車_ECU_修理_コンピュータ基盤_メンテナンス_02

ここまで読んで、キャニーエクイップに興味を持たれた方へ。
こちらでは法人から個人まで、幅広く問い合わせや作業依頼も受け付けている。
その対応範囲もECUだけでなく、オートマチックトランスミッションを制御するATコンピュータや燃料ポンプ制御モジュレーター、車載時計やエアフロセンサーといった箇所まで対応してくれるので、コンピュータ基盤の制御ユニットに関わる事なら気軽に問い合わせてみてほしい。
保証についても、定められたサービス規約・保証規定に基づき再修理や返金など、しっかり対応してくれるので安心してほしい。

【リモート取材 – 文 】
編者(REVOLT-IS

【写真 – 取材協力 – 問い合わせ先】
キャニーエクイップ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。