20210317_純正ターボチャージャー_カスタマイズ

純正ターボチャージャーをカスタマイズ

性能が落ちたターボチャージャーをオーバーホールやリビルドに出す際、通常なら元の状態へ組み上げていく事になるが、ショップによっては部分的なカスタマイズに応じてくれるところもあるようだ。

20210317_純正ターボチャージャー_カスタマイズ_01

こちらはトヨタの純正ターボチャージャー。
リビルドしたもので、これだけでも必要にして十分な性能を発揮してくれる。
ただ、以前からタービンのブレード(羽)部破損が目立っていた事をオーナーさんが懸念され、かと言って社外品に変えるほどでもないという事になり、それならばと新規制作したメタル製ブレードに交換しようとなった。

20210317_純正ターボチャージャー_カスタマイズ_03

こちらが交換されたメタル製ブレード。
以前のものより若干レスポンスが低下しているが、そのぶん耐久性が上がっており、ブレード破損のリスクを大幅に減らす事ができるという。
これで純正ターボをブーストアップした際の耐久性の余裕が生まれるし、なによりハードなチューニングはせず、愛車を大事に乗るためトラブルリスクを減らしたいと思う方にもぴったりなカスタマイズに思える。
これが出来るなら、例えばブレードをより軽量な素材に交換してもらうなど、他にも色々とやれそうだ。

ちなみに、こうしたカスタマイズが行えるのは一部のショップや制作工場だけとの事。
今回、幸運にもこのケースを拝見出来たので事例として紹介してみたが、今後機会を見て追取材を行い、こうしたターボチャージャーのカスタマイズを行えるショップ、工場を探っていきたいと思う。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力】
Revolfe S.A.

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。