21
1月
2024

いすゞA&Sが提案するトラックのアウトドアカスタマイズ【東京オートサロン2024】

20240121_オートサロン_いすず_エルフ_ミオ_アウトドア_キャンプ_トラック_01

いすゞ自動車向けの純正用品やサービスパーツの企画、開発、販売を行うグループ企業のいすゞA&S(株)が東京オートサロンへ初出展を果たした。

いすゞグループでも初となる今回の出展では、それぞれ別コンセプトでカスタマイズされた2台の小型トラック「エルフ」を展示。
トラックの新たな可能性を見せつけてきた。

20240121_オートサロン_いすず_エルフ_ミオ_アウトドア_キャンプ_トラック_02

今回、特に気になったのがこちらの「エルフ ミオ」アウトドアエディション。
その名の通り、アウトドアキャンプを意識したカスタマイズが施されており、荷台にテントを張っておく事で、テントサイトへ移動した直後からキャンプが楽しめるよう考えられている。
まさにキャンピングカーと同じコンセプトだ。

ポイントは、ベースとなった「エルフ ミオ」が普通免許所持者でも運転できる点にある。
キャンピングカーは新車で買うとかなり高額で、維持管理もそれなりにかかるという。
しかし、身近に「エルフ ミオ」のように普通免許でも乗れるトラックがあるなら、普段は仕事で使い、余暇だけアウトドアカスタマイズを施しておけば、免許所持者なら誰でもキャンプに行ける楽しみが生まれてくる。

20240121_オートサロン_いすず_エルフ_ミオ_アウトドア_キャンプ_トラック_01

テントを張ったりや準備が苦手な方、不器用な方も、これなら安心だろう。
今後、このような使い方を目的としたアウトドア用品も登場するかもしれない。

【取材・文】
編者(REVOLT-IS
【取材協力】
いすゞA&S(株)
東京オートサロン事務局

You may also like...