Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

報道一覧報道一覧

一覧から項目を選択して下さい。

ガレージベリーのエアロパーツでよりワイド感が増したヤリス

ガレージベリーのヤリス(MXPA/MXPH)用エアロパーツのラインナップ(

エアロパーツなど自動車用外装パーツを開発する株式会社ガレージベリー。 2021年のGRヤリス用に続き、今度はトヨタ・ヤリス(MXPA10,MXP…

市光工業のライティングソリューション

自動車から周囲の安全まで考える市光のライティング技術 - 人とくるまのテクノロジー展2022(

人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。 自動車等のランプ、ライトバルブ系製品を開発する市光工業株式会社では、自動車同士または自…

日本精機が開発するAR-HUDの映像

日本精機が提案する次世代AR-HUDナビゲーション - 人とくるまのテクノロジー展 2022(

人とくるまのテクノロジー展2022取材記事 AR(拡張現実)技術の普及により、自動車用UI/UXも様々な進化を見せている。 自動車用メータ…

村田製作所とミシュランが共同開発したタイヤ内臓型RFIDタグ

タイヤ管理をRFIDタグ一つで簡単に行える - 人とくるまのテクノロジー展2022(

人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。 京都の株式会社村田製作所では、フランスのタイヤメーカーミシュランとタイヤに埋め込めるRF…

内装表皮を透過して映像表示するダイキョーニシカワのフラッシュスキン技術

次世代スキン技術でメーターもボタンもいらなくなる? - 人とくるまのテクノロジー展2022(

人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。 主に自動車用樹脂部品の設計、開発を行うダイキョーニシカワ(株)では、次世代車向けインテ…

2021年に発表されたHKSと台湾XING Mobility Inc.との協業

コンビニ配送で試されるHKSの電動化技術 - 人とくるまのテクノロジー展2022(

人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。 チューニングパーツだけでなくIoTやEV技術にも取り組む(株)HKS。 その真価が伊藤忠、いす…

スパルジャパンの自動車用電動ファンラインナップ

EVで要求が高まる冷却ファンの性能 - 人とくるまのテクノロジー展2022(

人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。 冷却用電動ファンといった自動車部品を開発するイタリアのスパル。 その日本代理店となるス…

日本自動車レース工業会(JMIA)ブース。
真ん中に童夢F111/3を展示。

日本のものづくりで自動車レース技術を磨く - 人とくるまのテクノロジー展2022(

日本の自動車レース界の技術と産業の活性化と、レースの発展振興を目的に活動するJMIA(日本自動車レース工業会)。 近年はEVやサスティ…

ボッシュの車載3Dディスプレイ

ドライバーに優しい3D表示な自動車ディスプレイ - 人とくるまのテクノロジー展2022(

もはやモニターディスプレイと化したメータークラスターやインストルメントパネル。 プログラム一つで、アナログでは困難だった見せ方や…

浜名湖電装がソレノイド技術を応用したデモシート。
ドライバーに適度な振動を与えて様々気付きを与える。

振動がドライバーを救う?浜名湖電装のソレノイド技術 - 人とくるまのテクノロジー展2022(

DENSOグループの一つ、静岡に拠点を置く浜名湖電装株式会社では、自社製品のソレノイド技術を活用した提案も行っている。 その一つが自…

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る