Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

日本精機が提案する次世代AR-HUDナビゲーション - 人とくるまのテクノロジー展 2022日本精機が提案する次世代AR-HUDナビゲーション - 人とくるまのテクノロジー展 2022

公開日
更新日

日本精機が開発するAR-HUDの映像
人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。
AR(拡張現実)技術の普及により、自動車用UI/UXも様々な進化を見せている。
自動車用メーター、ディスプレイ開発の老舗である日本精機株式会社でも、ARを活用したAR-HUD(ヘッドアップディスプレイ)の開発が進められている。
AR-HUDシステムの構成
AR-HUDシステムの構成
AR-HUDユニットのアップ
AR-HUDユニットのアップ

フロントウィンドウに様々な画像、テキスト情報を投影するヘッドアップディスプレイ技術。
運転中の視界移動を減らす、ダッシュボードからメーターユニットを減らして内装のデザイン自由度を高める、自由度の高いメーターデザインや配置が行えるなどといったメリットがある。
近年は、そのメリットを高めるべくARを組み合わせたシステム開発に各社しのぎを削っており、日本精機でも積極的に取り組んでいる。
ディスプレイに透過表示される情報の一例 ※プライバシーに配慮しモザイク加工をしています。
ディスプレイに透過表示される情報の一例
※プライバシーに配慮しモザイク加工をしています。

さて、今回展示されたAR-HUD。
プロジェクターなどで用いられているDMD方式を採用する事で、これまでにない広画角と遠方表示を実現。
色の再現性や太陽集光への耐性も高められている。

AR表示では、ドライバー視点で10m先に77インチサイズの表示エリアを確保。
そこへスピードや警告、ウインカーやハザード、目的地までのナビゲーション情報などを透過表示するが、入力側となるセンサー類や専用ソフトウェアを組み合わせる事で様々な情報表示に対応する。
展示映像では、速度や道路状況に合わせて前走車の追い越しナビゲーションまで行う様子も見られ、その応用範囲の広さが感じられた。

なお本展示品だが、2020年発表の新型メルセデス・ベンツ Sクラスに採用されているとの事。
気になった方はそのパフォーマンスを実車で体感してみてほしい。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る