Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

コンビニ配送で試されるHKSの電動化技術 - 人とくるまのテクノロジー展2022コンビニ配送で試されるHKSの電動化技術 - 人とくるまのテクノロジー展2022

公開日
更新日

2021年に発表されたHKSと台湾XING Mobility Inc.との協業
人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。
チューニングパーツだけでなくIoTやEV技術にも取り組む(株)HKS
その真価が伊藤忠、いすゞ、JEFエンジニアリング、ファミリーマートと組んで行われるEVプロジェクトで試される事となった。

そのプロジェクトとはバッテリーパック交換式のEVトラックと専用バッテリーパック、それを交換するステーション基地を一括開発するもので、参加企業も錚々たる面々。
伊藤忠商事(株)がプロジェクトの調整役となり、いすゞ自動車(株)がEVトラック、JEFエンジニアリグ(株)がバッテリーパック交換ステーションの開発をそれぞれ担当し、(株)ファミリーマートが実証実験として自社の配送センターなどの場を提供する。
HKSで開発中のバッテリーパック。 交換式EVトラック用となる。
HKSで開発中のバッテリーパック。
交換式EVトラック用となる。

その中でHKSの担う役割は専用バッテリーパックの開発。
昨年、台湾のEVベンチャーであるXING Mobility Inc.との協業を発表したHKSだが、そこから得たノウハウを今回のバッテリーパック開発に注ぎ込んでいる。

今回のプロジェクトは環境省公募の「令和3年度バッテリー交換式EV開発及び再エネ活用の組み合わせによるセクターカップリング実証事業」によるもので、伊藤忠商事を代表企業として応募、HKSは共同実施者として採択された事で始められた。
EVは航続距離に充電時間、充電インフラ、そして車両価格とまだまだ問題が多く、特に仕事や配送で使うトラックや商用車は稼働時間が長い反面、充電に時間を掛けられない側面もある。
また、再生可能エネルギーによる蓄電機能が高価である事も普及妨げの一因にもなっている。

そこで、これらの問題を解決すべく編み出されたのがこのバッテリーパック交換というフォーマット。
一連のフローは以下の通りとなる。
・各ステーションでバッテリーパックの充電と備蓄をしておく。
・そこへ充電が必要なEVトラックが訪れると、バッテリーパックを取り外して備蓄していたものと入れ替える。
・再びEVトラックが走り出した後、取り外したバッテリーパックはステーションで再充電される。

これにより、ガソリン給油と遜色ない速度でフル充電状態となるわけで、商用車だけでなく一般利用でもメリットは多いように感じる。
他にもバッテリーパック自体の流通や、バッテリー自体を共通化する事で、車両開発や価格面においてバッテリーを考慮する必要も無くなるかもしれない。

実証試験の期間は2022年度下旬から2024年度末までを予定。
ファミリーマートが配送車としてバッテリー交換式EVトラックを運用。
埼玉県の三郷中央定温センターから各コンビニへの配送で使われる事となる。

果たしてどれだけのCO2削減効果が表れるか?
配送業務を担当する方々からどのような反響があるか?
HKSでは電動スーパーチャージャーなど様々な次世代ソリューションを開発中
HKSでは電動スーパーチャージャーなど様々な次世代ソリューションを開発中

余談だが、EVモータースポーツの最高峰フォーミュラEの初年度では、マシン乗り換えピットインがレギュレーションに盛り込まれていた。
これは当時、充電時間と充電量に制限がありレース距離を走り切れなかったためであり、レース中にフル充電のマシンへ乗り換えてレースを継続させていた。
バッテリーパックとマシンで違いはあれど、今回お話を伺っていて、ふとこの事を思い出した。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る