Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

EVで要求が高まる冷却ファンの性能 - 人とくるまのテクノロジー展2022EVで要求が高まる冷却ファンの性能 - 人とくるまのテクノロジー展2022

公開日
更新日

スパルジャパンの自動車用電動ファンラインナップ
人とくるまのテクノロジー展2022取材記事。
冷却用電動ファンといった自動車部品を開発するイタリアのスパル
その日本代理店となるスパルジャパンでは、EV(電気自動車)用冷却ファンの提案も積極的に推し進めている。
左上がテスラ、左下がBMW、右上がレンジローバー、右下がフェラーリ向けの電動ファンとなる

会場ブースには用途別に様々な電動ファンを展示。
ちなみに写真は左上がテスラ用、左下がBMW用、右上がレンジローバー用で右下がフェラーリ用となっている。
テスラはご存じ電気自動車だが、こうして見るとガソリン車用とそれ程差がないように思える。
そしてスーパーカー、フェラーリのファンが小さい事も興味深い。

ガソリンエンジンでは主にラジエターの冷却に使われるファンだが、EVではモーターやバッテリー冷却が主目的。
EVだと出力アップとともに熱量が増大し、時にガソリンエンジンより厳しい値を示す事もあるという。
さらに、昨今の車に採用されている電子基板の熱対策も考慮しなければならない。
完全密閉型ブラシレスモーター。
完全密閉型ブラシレスモーター。

そこで最大限の冷却性能を担保するファンの開発が必須となってくるが、軽量小型化がトレンドのEV車両に大きく複雑なファンを載せるわけにはいかない。
スパルジャパンでは薄型かつ高効率な電動ファンを開発する事で、この命題解決に取り組んでいる。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る