Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

日本のものづくりで自動車レース技術を磨く - 人とくるまのテクノロジー展2022日本のものづくりで自動車レース技術を磨く - 人とくるまのテクノロジー展2022

公開日
更新日

日本自動車レース工業会(JMIA)ブース。
真ん中に童夢F111/3を展示。
日本の自動車レース界の技術と産業の活性化、そしてレースの発展振興を目的に活動するJMIA(日本自動車レース工業会)
近年はEVやサスティナビリティ、レース専用エンジンやECU、熱交換器といった開発やコンポーネントの展示がなされており、時代に合わせて積極的に取り組む姿勢が感じられた。
今回は、出展の会員企業7社の展示内容を紹介していく。
童夢のフォーミュラリージョナルマシン。 天然繊維素材を使った自社開発のプリプレグ(DNAP)が使われている。

まず自社オリジナルのフォーミュラ・リージョナルマシンを展示した株式会社童夢
サスティナブルなレースマシン開発を目指し、スイスBcomp社の天然繊維ファブリックを使った独自のプリプレグ開発を行ってきた童夢だが、ついにDNAP(ディーナップ、DOME NATURAL ADVANCED PREPREGの略)の名で製品化に至った。
このフォーミュラ・リージョナルマシンにはそのDNAP製カウルが装着されていたが(色違いの部分)、既に実戦で何度か使われたようで強度や熱害など全く問題なかったという。

多大な負荷が連続するレース環境において高い信頼性を示したことは、レースだけでなく様々な製品開発の素材選定で一つの指標となりえるだろう。
また本素材は電波遮蔽を防ぐ効果もあるため、アイディア次第で幅広い応用が期待出来そうだ。
現在はスーパー耐久に参戦するスープラGT4車両にも天然繊維素材が使われているそうなので、その活躍にも注目してみたい。
タマチ工業では、インタープロトのレーシングカー向け熱交換器を開発中

次は、自動車部品製造の総合企業であるタマチ工業株式会社
写真は、富士スピードウェイで定期的に開催されているワンメイクカテゴリー「インタープロト」マシン向けに開発された水冷タイプの熱交換器。
これまでに2度のテストを行い高い評価を得たという。
元々「インタープロト」マシンの熱交換器は水冷タイプでスタートしたものの、冷却不足で空冷タイプのものを後付けした経緯がある。
そこでタマチ工業では、水冷タイプのみで充分な冷却能力を発揮できる熱交換器の開発に着手。
その開発には自社の金属3Dプリンター技術が活用されている。

東レ・カーボンマジックが関わった製品群の一部

次は東レ・カーボンマジック株式会社
これまでに多くのレーシングカー開発に向けたカーボンコンポジット製品の開発、製造を行ってきており、現在は培った技術で、多方面に活用できるコンポジット製品の開発に取り組んでいる。
社内には一貫製造可能なオートクレーブなどの設備群を備えており、それらを使いこなす精鋭の技術者達を揃えているとか。
またタイにも生産拠点を構えており、同グループの静岡のムーンクラフト株式会社とも連携するなど、製品作りに充実した環境が整えられている。

一般の間で知られている事例として、スーパーGTや東海大学ソーラーカーチャレンジでの車体製造やあの下町ボブスレーの開発がある。
もちろんそれだけでなく、他にもバイク用カウルやヘルメット、エンジンパーツ、建設機器や旅行ケース製造などがあり、その事業は多岐に渡っている。
知らないうちに東レ・カーボンマジック製品に触れている事もあるかもしれない。
イケヤフォーミュラが新たに開発するEV向け2速シームレストランスミッション。

次は、ドグクラッチベースのユニークなシームレストランスミッションを開発する株式会社イケヤフォーミュラ
新たにEV向けとした2速トランスミッションを開発してきた。
これは従来のシームレストランスミッション技術を応用したもので、ドッグクラッチと左右にハイギア、ローギアを配置する構造となっている。
このドッグクラッチを機械的に左右へ制御する事で、ギアのシームレスな切替とスムーズなコースト/ドライブ制御を可能とした。
またクラッチ内のハブ、スリーブもイケヤフォーミュラの知見を活かした独自構造となっており、しっかりした嚙み合わせとスムーズな解放という相反する要素を上手くバランスさせたものとなっている。

EV化が進む昨今ではトランスミッション不要論も囁かれているが、やはりさらなる駆動トルクの増大や航続距離の延長、効率の良いモーター駆動を目指すなら必要不可欠と、ボッシュなど大手企業でも開発が続けられている。
しかしコストの問題やシンプルな車作りを目指したいという開発サイドの声もあり、未だこれといった正解がないのが現状だ。
そうした中、シンプルで機械的なシームレスギアチェンジを可能としたイケヤフォーミュラのEV用トランスミッションは、そうした相反する要望に上手くハマるかもしれない。
モータースポーツカスタマー向けにTRDが開発、提供する汎用レーシングエンジン「TRD-8AR」

次はチューニングカーファンでもお馴染み、TRDこと株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメント
昨年同様、レースに参加するカスタマーモータースポーツユーザー向けとした競技用エンジンTRD-8ARを展示してきた。
これはトヨタのクラウンやレクサス・RCなどに搭載する2リッターターボエンジン(8AR-FTS)をベースに開発されたもので、レースマシンに合わせて最適化する事で、横置きや縦置き、FF、FR、4WD、ドライサンプやウェットサンプと幅広く対応。
そして価格を抑えながらもパワーは315psオーバー、トルクは52.5kg・mと十分なパフォーマンスを発揮するという。

現在までにスーパー耐久レースやタイのGTシリーズとラリー、アメリカのオフロードレースへ参戦するマシンへの供給実績があり、優勝も果たしていたりと好評を頂いているとの事。
競技カテゴリー問わず幅広く使えるこのTRD-8ARエンジン。
車体はあれどエンジンに悩んでいるカスタマーや、キットカーによる参戦を目指している方には福音となるだろう。
あくまで競技用なため公道では使えないが、サーキット走行専用にナンバーを切った車両をお持ちなら使えるかもしれない。
ブリッドのセミバケットシートのガイアス3がモデルチェンジ

次もチューニングカーやレースファンなら知らぬ者はいないブリッド株式会社
フルバケットシートやセミバケットシートの老舗としても名高いこちらだが、今回は昨年フルモデルチェンジを果たしたばかりのセミバケットシートのGIAS3(ガイアススリー)を展示。
モノコックシェルは前モデルと比較して引っ張り強度が200%、全体強度は40%、バックレスト強度が15%と大幅に向上。
もはやフルバケに匹敵するほどで、レースといった高G化でもドライバーポジションをがっちりサポートしてくれるはず。
さらに股下へ新たにベルトホールを増設。
6点式シートベルトの装着にも考慮されている。
またリクライニング機構はワンタッチで調整可能なように新設計。
フルバケなみなホールド性と、セミバケならではな使い勝手の良さを上手く両立させてきた。

ナンバー付車両によるレースも普及しつつあるが、このGIAS3なら移動中もサーキット走行中も不満なく座っていられるだろう。
アール&スポーツディベロップメントで開発するレース用ECUなど

最期はアール&スポーツディベロップメント株式会社。
こちらは主に自動車向け制御システムの開発を行っており、レースカー用ECUの開発に豊富な実績を持つ。
量産車と違いレースカー用ECUは求められる要求も変わってくる。
プログラムはもちろんの事、高負荷、高温下にさらされても安定した制御が行える、高い信頼性を誇るECUを作りだす必要がある。

写真のECUはそうした要求に応えてきたもので、フォーミュラカーなどへの装着実績もあるという。
様々な電子デバイスが積まれる現代の車において、電子基板の熱対策は最重要課題の一つ。
レースで培われたアール&スポーツディベロップメントの知見が生かされそうに感じられた。
レース以外でも、過去に磨いてきた技術を生かして大容量ポータブル電源や電気3輪車を開発。
ジャンルに捕らわれない事業展開にも積極的な様子が窺えた。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る