Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

ドライバーに優しい3D表示な自動車ディスプレイ - 人とくるまのテクノロジー展2022ドライバーに優しい3D表示な自動車ディスプレイ - 人とくるまのテクノロジー展2022

公開日
更新日

ボッシュの車載3Dディスプレイ
もはやモニターディスプレイと化したメータークラスターやインストルメントパネル。
プログラム一つで、アナログでは困難だった見せ方やレイアウト、派手なアニメーション演出までも可能としている。
そんな中ボッシュ株式会社より、一歩進んだ車載3Dディスプレイが登場した。
デモ機では様々なアニメーションが展開された。
デモ機では様々なアニメーションが展開された。

長年様々な自動車部品の開発、製造、販売を行ってきたボッシュなだけに、この3Dディスプレイにも長年の経験を生かした拘りが感じられた。
と言うのも、3D映像の中には映画などのように目にくるぐらい攻撃的なインパクトがあったり、違和感が強すぎて目が疲れやすいものもあるという。
目が疲れやすいと、運転に悪影響が出てしまい大変危険。
車載3Dディスプレイの解説パネル
車載3Dディスプレイの解説パネル

しかしこのボッシュの車載3Dディスプレイは、一般的な3D表示とはちょっと違う。
一言で言えば「ほんのり3D」で、重要だったり優先度の高い情報を僅かな立体表現で強調表示させている。
展示ブースの見せ方もあるだろうが、実は最初見たときは3D表示されていると感じられず、言われて見直したら気が付いたという程度。
目にくるような攻撃的なインパクトはないが、重要情報は自然と視界に入るのが不思議。
状況、モード切替で様々なアニメーションが展開されたが特にストレスを感じる事もなく、じっと眺めていても疲労感は感じられなかった。

開発思想などにより幅広い応用も期待できる車載3Dディスプレイ。
採用された暁には、自動車メーカー独自の特色を盛り込んだディスプレイが誕生しそうだ。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る