Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

開発が進む富士モータースポーツフォレスト開発が進む富士モータースポーツフォレスト

公開日
更新日

富士スピードウェイ周辺で建設中の富士モータースポーツフォレスト
静岡県御殿場市や小山町の新たな観光名所となりそうな富士モータースポーツフォレスト。
2022年秋からの順次オープンに向け、富士スピードウェイ周辺では工事が急ピッチで行われている。
今回は、その構想や隣接予定のホテル&ミュージアムについていくつかご紹介していく。

もっと身近に、旅行ついでに気軽にモータースポーツを感じてもらえるような施設を作りあげたいと、今や自動車&モータースポーツ業界の変革者となったトヨタ自動車株式会社の豊田章男社長の舵取りで始められた本プロジェクト。
業界内や自動車&モータースポーツファンだけでなく、地元の観光業界や新たな雇用を生み出せるのではと行政からも熱い期待が寄せられている。

その中でも個人的に気になったのが、富士スピードウェイホテルとミュージアム。
ホテルはあのハイアットが手掛けており、日本初上陸となるブランド「アンバウンドコレクション by Hyatt」の一つとして開業を目指している。

ホテルはパナソニックコーナーを見下ろすように建設中で、部屋のバルコニーやテラスからはサーキットと富士山が一望できるという。
もちろんレース観戦もその場で可能だし、部屋に完備予定のwifiや備付テレビを駆使すれば、その場にいるだけでレース状況を把握出来てしまう。
例えば24時間耐久レースが開催中だった場合、好きな時にレースを眺め、好きな時に風呂に入ったり寝たり、サーキットへ気軽に足を運ぶ事もできるようになる。
(ただこの話をした際、説明して下さった担当者さんはテントでの観戦をお勧めして下さったのはここだけの話。。。)
富士モータースポーツミュージアムに展示予定の2台
富士モータースポーツミュージアムに展示予定の2台

ホテルの1階と2階がミュージアムエリアとなる。
ここはトヨタ博物館が監修に加わっており、トヨタだけでなく各自動車メーカーにも協力を打診。
それにより、過去の日本のモータースポーツの歴史を刻んできたレーシングカーが約40台展示される事が決まっている。
過去、こうしたレーシングカーの展示を行う博物館やメーカー単位で数台展示するイベントがいくつか存在したが、メーカー問わずでこれだけの規模を展示するのは恐らく日本初だろう。
なにより、各地のイベントで単体で見るしかなかったレーシングカーが一つの場所で見れるのも大きい。
きっとファンは心待ちにしているだろう。

3階にはカフェ&ショップを併設。
お茶しながら疲れを癒すもよし、テラス席で富士スピードウェイを見ながらお茶を飲むのも良し。
モータースポーツグッズや地域特産品を選ぶのも良しと、こちらものんびり楽しめる。

さらにホテル内には温泉などの温浴施設やレストランも完備予定。
観戦や近隣観光の疲れを癒しつつ、グルメでお腹を満たす事で安らかな睡眠へ誘ってくれるに違いない。
富士モータースポーツフォレストを作るにあたっての豊田章男社長のメッセージ
富士モータースポーツフォレストを作るにあたっての豊田章男社長のメッセージ

ちなみにミュージアムや混浴施設、レストラン、カフェ&ショップはホテル宿泊者じゃなくても利用出来るようにするとの事。
日帰り観戦やテント観戦な方、箱根や富士山周辺を観光された方も気軽に立ち寄って欲しいそうだ。

他にも富士モータースポーツフォレストでは、普段見る事のないレーシングチームガレージを訪問できたりする等様々な施設、企画を計画中。
そしてPRブースではファンの方々にも、ここにどのような施設やコンテンツがあると嬉しいかといった意見も慕っていた。
現在ネット上では特に募集は行っていないようだが、そのような告知があった際は、ぜひ自分が希望したい内容の声を届けてみよう。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る