Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

往年のライバルがコラボ?4ロータリーエンジン搭載のモンスター箱スカ往年のライバルがコラボ?4ロータリーエンジン搭載のモンスター箱スカ

公開日
更新日

BRE Japan(バンザイスポーツ)が手掛けた4ロータリーエンジン搭載の箱スカ
東京オートサロン2022で話題をさらったBRE Japan(バンザイスポーツ)が手掛けた箱スカ(KPGC10スカイライン)。
当時ライバルだったファミリアロータリークーペ、カペラ、サバンナのロータリーエンジンを搭載。
サーキット等の競技専用車として徹底的にカスタマイズされている。
リアビュー
リアビュー
パイプフレームで構築されたフロントセクション エンジンはRE26B。4ローターペリのウェーバー、ダウンドラフトキャブレター仕様
パイプフレームで構築されたフロントセクション
エンジンはRE26B。4ローターペリのウェーバー、ダウンドラフトキャブレター仕様
箱スカの室内 ロールケージ込みで堅牢に作られている
箱スカの室内
ロールケージ込みで堅牢に作られている
油圧サイドとオルガン式ペダルが見える
油圧サイドとオルガン式ペダルが見える
メーター類はワンディスプレイのみとシンプル 操作パネルはイギリスのCARTEK製
メーター類はワンディスプレイのみとシンプル
操作パネルはイギリスのCARTEK製

エンジン排気量は2600ccで650馬力を絞り出す。
排気系はBRE Japanオリジナル。
ミッションはFC3S用を改造して搭載しており、クラッチはOS技研のトリプルクラッチ。
デフにはアメリカWintersのクイックチェンジデフを装着している。
サスペンションはエアサスだが、まだ暫定との事。
タイヤ・ホイールも自社オリジナルで固めており、箱スカの当時感に拘った仕様となっている。

この車でドリフトやドラッグレースへの参戦を予定しているという。
さらに来年2023年には、アメリカのパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムへの参戦も目標に掲げており、今年の夏頃にスポンサー募集を始めるとか。
日本のクルマ文化を代表する箱スカが、パイクスピークでどのようなパフォーマンスを見せるか?
今から妄想を膨らましておきたい。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る