Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

車の警告灯も場所に囚われず映し出す帝国インキのステルス印刷車の警告灯も場所に囚われず映し出す帝国インキのステルス印刷

公開日
更新日

帝国インキのステルス印刷。
どんな場所にも警告灯といったインジケーターを表示させるという、帝国インキ製造株式会社のステルス印刷。
この技術を応用すれば、従来の自動車インテリアのデザイン概念を打ち壊し、これまでにないユニークなデザインを作り出す可能性を秘めている。

ステルス印刷の構成は、マットクリアー、透過色、ポリカーボネート基材、意匠が施される墨抜きパターンの多層印刷。
この状態では無地だが、それにバックライトを照射する事で意匠が表示されるようになる。
ベース色や透過色に制限はなく、様々な色の選択が可能。
意匠は文字だけでなく、複雑な曲線デザインも施せるし、写真のようなカーボン柄もOK。
さらに同じ位置に違う絵柄を施し、そこへ違う色のLED光源を交互に照射する事で、絵柄を切り替えて表示させる仕掛けも作り出せる。
一見、何の変哲もないカーボン柄パーツだが。。。 (帝国インキのステルス印刷デモ。)
一見、何の変哲もないカーボン柄パーツだが。。。
(帝国インキのステルス印刷デモ。)
バックライトを照射すると、このように様々なアイコンが浮かび上がる。 (帝国インキのステルス印刷デモ。)
バックライトを照射すると、このように様々なアイコンが浮かび上がる。
(帝国インキのステルス印刷デモ。)

この技術最大のメリットは、インテリアのデザイン制約が無くなる事だろう。
これまで、インジケーターの表示スペースを盛り込んだデザインが要求されてきたが、ステルス印刷を使えば制約に囚われないデザインを生み出せる。
へたすると、メーターパネル自体が要らなくなるかもしれない。
自宅リビングにいるような空間を、そのまま車に置き換える事も難しくないだろう。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る