Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

WRCラリージャパンタイトルパートナー、フォーラムエイトのメタバースを作り出すVR技術WRCラリージャパンタイトルパートナー、フォーラムエイトのメタバースを作り出すVR技術

公開日
更新日

フォーラムエイトのブース
2022年こそ開催をと目指すWRC世界ラリー選手権の日本ラウンドとなるラリージャパン
今回、ラリージャパンのタイトルパートナーを務める株式会社フォーラムエイトと、ビジネスを支えるいくつかの製品を紹介する。

東京を起点に自社開発のITソリューションで世界の建物や土木・建築設計を支援してきたフォーラムエイトだが、近年は、仮想空間(バーチャルリアリティ)を活用したシミュレーションやMaaS、自動運転技術といったコンピュータソフトウェア開発にも意欲的で、DX時代の新たなスタンダードを提供したいと日夜尽力されている。

最近ではメタバースという言葉が話題に出つつあるが、それらは全て仮想空間を指す。
あのfacebookが、Metaと社名を変えて事業に取り組むほど注目を集めているメタバースだが、フォーラムエイトでもその技術開発に注力しており、自動車開発、特にVRや3DCGを活用したシミュレーションやコンピュータソフトウェアは群を抜いている。
ドライビングシミュレータの全景。 時間の関係で走行中の映像が撮れなかったため、以下にサンプルのYoutube動画を貼っておく。
ドライビングシミュレータの全景。
時間の関係で走行中の映像が撮れなかったため、以下にサンプルのYoutube動画を貼っておく。

まずはドライビングシミュレータ
これは、仮想空間上に建物や道路、天気や朝昼夜、人や車の流れといったリアルタイムな都市空間をデザインする3DVRソフトウェア「UC-win/Road」とシミュレータ機器を合わせたシステム。
モニタースクリーン上には、実際の街並みに車や人の動き、道路状況がリアルに映し出される。

長年、街作りや建物、道路設計で多くの実績を持つフォーラムエイトだけに、その機能と複雑で繊細なヴィジュアルは各方面で評価が高い。
さらに運転席や室内デザインを自由に作成できたり、ドアミラーやバックミラー、カーナビが映し出す映像を走行状況に応じて変えられるマルチモニター化。
多種多様な走行環境の設定など、その応用範囲は幅広い。
HUD表示やリプレイ機能などのプラグインが用意される各種シミュレータに、VRモーションシートとの連携。
マニュアルと自動運転の切り替えや、自動運転時の信号や規制速度の認識検証。
車両運動モデルの算出や、記録した実際の自動車制御の再現。
さらに、AUTOSAR(Automotive Open System Architecture)アプリとの連携による実走行空間と仮想空間を連携したシステム開発まで行えたりする。

普段、テスト車が実走行するシーンを目撃する事は滅多にないが、近い将来、メタバース内でこうしたテスト車を目撃する機会があるかもしれない。
またオンラインでの自動車教習や、(自宅やオフィスにシミュレータ機器の設置が必要だが)新車のバーチャル試乗会なども可能性がありそうだ。
なんなら、ゲームセンターとコラボした新車試乗イベントも面白いだろう。
メタバース技術の発達により、車開発だけでなく一般の車選びもオンライン上でより身近になってくるかもしれない。
モデリングにレンダリング、アニメーションや3Dプリントまで行える国産3DCGソフトのShade3
モデリングにレンダリング、アニメーションや3Dプリントまで行える国産3DCGソフトのShade3

次にShade3D
これは国産の3DCGソフトウェアで、モデリングやレンダリング、アニメーションや3Dプリントまでこれ一つで対応可能となっている。

今や製造業において、3DCADやCG、モデリングソフトは無くてはならないツール。
多種多様なデザイン検討やコスト、工数の削減、小ロット製造までも実現できるとあって、業界内でも様々なシステム、ソフトウェアが使われている。

それだけに精密で高品質、自由度の高さが求められるが、Shade3Dではそういった要望に応えるべく、様々な機能とソフトウェア仕様を用意している。

・自由局面やNURBS形状、ポリゴンモデリングやスイープ局面にまで対応したモデリング/編集機能。
・図面毎に独立したビュー表示に対応させた2D図面作成。
・座標の直接入力による切断位置に対応した切断面設定。
・フォトンマッピング、バストレーシング、レイトレーシング等、空気感までも再現したレンダリングはHDR表示にも対応。
・リアルな物体の質感を表現するPBRマテリアル。
・高速かつ高品質なイメージが生成可能なGPU例とレーシング。
・インテル社のノイズ除去ライブラリを活用したAIノイズ除去。
・複雑な照明効果や様々な光源の再現。
・現実世界と同じ見え方となるようなカラーマネジメント。
・豊富な表面材質バリエーション。
・多種多様なアニメーション機能。
・各種3Dプリンターとのスムーズなデータ連携。
・正面、上面、側面、透視図の4面図表示に加え、図面組み合わせの変更やシェーディング設定まで可能なレイアウント機能。
・カメラと同じ設定からアニメーションへの反映まで行えるカメラ機能。
・ブロックUIプログラミングツールが使用可能。
・3DCADへの完全対応。
・先の「UC-win/Road」用モデル製作とデータ連携。

その豊富な機能と使いやすさからか、これまでに多くの建築や空間デザイナー、モデラ―に愛用されている。
その影響からか、Youtube上でも様々な作品を見る事が出来る。

今後、人の知恵だけでは想像もし得なかった製品デザインも生まれてくるかもしれない。

最後にバーチャルプラットフォームを見ていく。

新型コロナの感染再拡大により、リモートワークといったオンライン上での仕事のやり方が見直される昨今。
こちらでは、仮想空間内にショールームや展示会、セミナー会場、会議室やキャンパスといった場が設けられる仮想空間プラットフォームを提供している。

この中では、パソコン操作で空間内を自由に見て回り、その場で様々なコンテンツに触れたり、自分の分身であるアバターを経由して他のアバターとコミュニケーションを図るなど出来る。
もちろん目的や用途に合わせて、様々なデザインやコンテンツ配置が可能。
さらに、ヘッドマウントディスプレイを利用した没入型3Dへの対応や権限管理、ログイン機能に加え、グループウェアやEC決済、WEB投票にWBアンケート等いった他のソフトウェアや健康管理デバイスとの連携も行えたりと、本当に自宅を出ることなく、ゼロ距離で様々な体験が可能となってくる。

例えばカーディーラーでの車チェックから商談、バーチャル試乗から購入、納車に至るまで、いずれパソコンやスマホ一台で完結する時代が来るかもしれない。
フォーラムエイトがタイトルパートナーとなった2022年WRCラリージャパンの広告も見れる。
フォーラムエイトがタイトルパートナーとなった2022年WRCラリージャパンの広告も見れる。

さて、今回は一部製品の紹介だけに留まったが、これだけでも、我々のカーライフまでもが今後ガラッと変わってきそうに感じられる。
それだけにその進化についていけるよう、常日頃こうした技術に触れておくようにしておきたい。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る