Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

【東京オートサロン2022】旧車から街乗り、ドリフト、グリップまでシェア拡大中のシバタイヤ【東京オートサロン2022】旧車から街乗り、ドリフト、グリップまでシェア拡大中のシバタイヤ

公開日
更新日

SHIBARA R31 HOUSEのSHIBATIRE
東京オートサロン2022取材記事。
R31 HOUSEでお馴染みのSHIBATAが展開するタイヤブランドのシバタイヤ
旧車ユーザーからドリフトユーザーまで絶大な支持を得ているが、近年は、タイムアタックを楽しむグリップユーザーからの人気も集めているという。
東京オートサロン2022でのSHIBATIREブース
東京オートサロン2022でのSHIBATIREブース

例年と違い、今年のオートサロンブースは黒で統一されたタイヤーメーカー然としたディスプレイ。
デモカーもシバタイヤカラーな新型スバルBRZのみという構成で、これまでの人気とシバタイヤへの力の入れ具合が窺える。
SHIBARA R31 HOUSEのSHIBATIRE
SHIBARA R31 HOUSEのSHIBATIRE

発売当初は、適合タイヤサイズが少ない旧車ユーザーやタイヤコストに悩むドリフトユーザー達からの購入が多かったようが、その名が知れ渡り注目を集めるにつれ、今ではストリートチューニングカーや街乗り、そしてサーキットタイムアタックやジムカーナといったグリップユーザー達にも好まれるようになったという。
ラインナップも、パターンは同一ながら、コンパウンドとトレッドウェアを各用途別に調整した以下の4種類を用意。

まずサーキットといった競技場でのグリップに特化した「グリップ専用」。
グリップから山、ドリフトまでマルチに対応する「SPハイグリップ」。
街乗りからサーキットまでをカバーする「スポーツ」。
D1GPやFDJ、ドリフト競技向けに特化した「ドリフト専用」。

ハイグリップながら数周で垂れる予選タイヤのようなものや、街乗りでの快適性やライフを重視したもの、高グリップながら高速サーキットを一時間タイムアタックしても垂れず、そのまま乗って帰れたというエピソードを持つものまであるという。
自分の用途、予算、カーライフスタイルに合わせて選んでみよう。
【2022年1月22日時点のタイヤサイズラインナップ】
SHIBATIRE:185/60R14、195/45R14、205/50R14、225/40R14、195/50R15、205/60R15、195/50R16、205/55R16、205/45R16、215/45R17、235/40R17、235/40R18
RYDANZ(R03S):235/40R18、265/35R18
RYDANZ(R33S):265/35R18

SHIBATA MOTOSPORTの2022年D1GPは、SHIBATIREが採用されるとの事
SHIBATA MOTOSPORTの2022年D1GPは、SHIBATIREが採用されるとの事

そんなシバタイヤだが、ついにD1GPへも登場する事になる。
昨年、インフィニティQ60と若手注目株な蕎麦切広大選手の組み合わせで活躍したSHIBATA DRIFT RACING TEAMから、2022年の装着タイヤとして正式発表されており、着々と準備が進められている。
またFDJにも参戦予定で、こちらは話題のGR86をドリフトマシンに製作。
シバタイヤを装着して登場するという。
シバタイヤ開発ドライバーも蕎麦切広大選手が努めており、これまでの経験を生かして良いタイヤを作っていきたいと意気込んでいる。

プロドリフト競技で、シバタイヤがどのようなパフォーマンスを見せてくるか?
こちらもぜひ注目頂きたい。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る