Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

【東京オートサロン2022】機能性本位を理念とした近藤エンジニアリングのスバルWRX STI【東京オートサロン2022】機能性本位を理念とした近藤エンジニアリングのスバルWRX STI

公開日
更新日

近藤エンジニアリングチューニングのスバルWRX STI
東京オートサロン2022取材記事。
ストリートからサーキットという過酷な環境下でも、性能、パフォーマンスを最大限に発揮させるべくチューニングされたこのスバルWRX STI。
大阪のカーチューニングショップ近藤エンジニアリングが手掛けたこの車は、Jun Autoメカニックで数々のデモカーを作りあげてきた名チューナー 近藤秀一 氏の拘りが随所に散りばめられている。
近藤エンジニアリングで手掛けたスバルWRX STIの水平対向エンジン
近藤エンジニアリングで手掛けたスバルWRX STIの水平対向エンジン

まずエンジン周り。
ターボチャージャーはIHI製S208タービン。
冷却系には軽量コンパクトながら、さらに冷却性能を向上させたDRL製ターンフロー式サイドラジエターがフィッティングされている。
自社製品ブランドである匠プロジェクトからは、エアインテークガイドパネルリンクルオルタネーターを採用。
エンジンルーム内へのエアの整流と、どんな状況でも安定して電力が供給できるよう対応している。
そして最終仕上げは、ECUTEXと呼ばれるコンピュータの現車合わせセッティング。
全体が最適なバランスとなるよう、細かく煮詰められている。
近藤エンジニアリングチューニングのスバルWRX STI
近藤エンジニアリングチューニングのスバルWRX STI

次は排気系。
こちらには、匠プロジェクトの極フルチタンマフラーエキマニが取り付けられている。
エキマニは排気漏れしにくい設計となっており、セカンダリーパイプの拡大と可能な限り管長を取るレイアウトにした事で、排気効率と低中速域のパワー/トルクを向上させている。
マフラーはその名の通りフルチタン製。
絞り無しのフルストレート構造となっており、排気効率向上と軽量化を達成している。
近藤エンジニアリングチューニングのスバルWRX STI
近藤エンジニアリングチューニングのスバルWRX STI

次は外装関係。
こちらも匠プロジェクトのエアロボンネットリップスポイラーカーボンディフューザーラジエターエアダクトブレーキダクトカーボンカナードで固められている。
見た目のカッコ良さに目を奪われがちだが、そこは機能性本位な近藤エンジニアリング。
車を通過するエアの流れを積極的にコントロールする事で、ダウンフォースの獲得やエンジン内部からの排熱の促進、ブレーキ周りの冷却などに利用しようと工夫されている。
もちろんストリートでの使い勝手も考慮されており、特にボンネットは、裏骨を上手く活用して雨水進入を防ぐ構造となっている。

最後に足回りとブレーキ系。
ダンパーには、匠プロジェクトの全長フルタップ式オリジナル車高調を装着。
これは、セミオーダーメイドによるワンオフ仕様を前提とした製品で、車両やステージ、オーナーの好みに合わせて最適なセッティングが取れるよう、スプリングから減衰力、ピロアッパーに至るまで幅広い選択が出来るようになっている。
そしてブレーキローターは、優れたパフォーマンスを発揮してくれる匠プロジェクトのビッグローターキットを採用。
サーキット等の高速域からの急減速や周回を多く重ねても、安定した効きとフィーリングをもたらしてくれる。
近藤エンジニアリングの製品ブランド「匠project」のエアロボンネット
近藤エンジニアリングの製品ブランド「匠project」のエアロボンネット
近藤エンジニアリングの製品ブランド「匠project」のチューニングパーツ群
近藤エンジニアリングの製品ブランド「匠project」のチューニングパーツ群

プロの職人が徹底的に磨きあげたと言える、これらスバルWRX STIや珠玉のチューニングパーツ達。
愛車のパフォーマンスをとことん追求したい方なら、近藤エンジニアリングの門を叩けば、きっと満足いく提案がもらえる事だろう。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る