Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

【東京オートサロン2022】DIY必見の安くてお手軽なSKTOKI製カーリフト【東京オートサロン2022】DIY必見の安くてお手軽なSKTOKI製カーリフト

公開日
更新日

88ハウスが取り扱うSKTOKI製カーリフトの3トン対応モデル。
東京オートサロン2022取材記事。
今回は、低価格なSKTOKI製カーリフトタイヤチェンジェー等の整備機器を取り扱う、88ハウスブースを紹介する。
数年前のビジネス展示会で発表以降、低価格で自宅ガレージに設置しやすく、移動もしやすいとDIYユーザーの間で人気沸騰なSKTOKI製カーリフト。
今回は3トン対応の油圧式クイックシザースリフトを、イベント特価220,000円の激安価格で披露された。

SKTOKIとは、中国の整備機器メーカーSEIKOUTOKI有限公司の製品ブランド。
低価格な中国製と聞くと、一部では品質が悪い、壊れやすいのではと思われがちだが、実際の使用には十分耐えうる強度と品質を持たせているという。
88ハウスが取り扱うSKTOKI製カーリフトの3トン対応モデル。
88ハウスが取り扱うSKTOKI製カーリフトの3トン対応モデル。

本体の発送重量は650kg。
電源は単相100V(50Hz~60Hz)/単相200V(50Hz~60Hz)となっている。
さらに、車輪を装着すれば設備ごと移動が出来るため、車1台分のスペースがあれば容易に設置が可能。
工場や屋内など広いスペースを確保できるなら、好きな場所へ移動して使う事ができそうだ。

一時的に野外に設置して使う事も可能だが、その場合は接地場所に特に注意したい。
固い路面でかつ平坦な場所にしないと、車ごとリフトが倒れてしまい大惨事に発展するからだ。

他、トラブル時の部品交換やメンテナンスについては、DIYで自動車整備を行える方なら自身で対応しても問題ないレベルという。
例えば万が一油圧トラブルが発生した場合、両端の油圧ユニットが一度に壊れることはまずなく、片方が壊れた場合でも、もう片方のユニットで車体を支えながら降ろす事が出来る。
その後、壊れた油圧ユニットをAssy交換するだけで、今まで通り使えるようになる。

ネット上でも満足な声が多くあがっているので、よければ検索してみてほしい。
88ハウスが取り扱うSKTOKI製タイヤチェンジャー
88ハウスが取り扱うSKTOKI製タイヤチェンジャー

他にも様々な種類のタイヤチェンジャーが会場に置かれていたが、こちらもDIYユーザーからの引き合いが大変多いという。
愛車の整備環境を充実させたいと考えている方は、こちらの検討もいかがだろうか?

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る