Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

【東京オートサロン2022】旧車延命と環境保護を模索する各メーカー【東京オートサロン2022】旧車延命と環境保護を模索する各メーカー

公開日
更新日

TGRで展開中の部品復刻「ヘリテージパーツ」プログラム
東京オートサロン2022取材記事。
今回は、旧車延命に向けた復刻部品の製造や、環境保護に向けた取り組みを始めてきたメーカーを紹介していく。
TGR「ヘリテージパーツ」プログラムで復刻された部品
TGR「ヘリテージパーツ」プログラムで復刻された部品

まず、一昨年よりToyota GAZOO Racingが開始している「GR HERITAGE PARTS」プロジェクト。
2022年1月現在で対象となっているのがトヨタの2000GT、スープラ(A70,A80)、カローラレビン・スプリンタートレノ(AE86)、ランドクルーザー40。
要望の多さと製造インフラを考慮のうえ、準備が出来次第、順次部品を製造、販売を開始している。
興味深いのがビスやピン、ガスケット、ギア、そしてゴムブッシュといった細かい部品までラインナップされている点。
特にゴムブッシュのように、型がないと製造困難なものについても、新規に型を起こして対応したものもあるという。

NISMOで行われている「HERITAGE PARTS」プログラムでも言われてきた事だが、これまで、修理需要に見合った復刻部品がリリースされないといった問題があった。
需要の中で特に要望に上げられていたのが、上述のブッシュ類。
過去の部品なだけに型が廃棄されているか、残ってても劣化が激しかったりするという。
では型を新規に起こせばとなるが、果たして費用対効果が見込めるのか?となり、なかなか踏み切れない事情もあった。
そういった意味でも、「GR HERITAGE PARTS」プロジェクトでゴムブッシュ類を扱い出したのはとても画期的であり、貴重な部品と言える。

昔との価格差とか気になるところではあるが、愛車を長く維持し続けたいと強く願うオーナーさんなら、今のうちに手に入れておく事をお勧めしたい。
そして対象車種でない車のオーナーさんも直に諦めず、多くの仲間の声を集めてToyota GAZOO RacingやNISMOなど、自動車メーカーへ復刻部品の要望を送ってみよう。
HKSで製作されたCFRP製インテークシステム
HKSで製作されたCFRP製インテークシステム

次にチューニングパーツメーカーのHKS
会場では燃費がリッター20kmの600馬力RB26DETTが話題だったが、それは独自に始めた「ADVANCED HERITAGE」によるもの。
これは旧車パーツをそのまま生産するのではなく、最新の技術を用いて性能を向上させた旧車部品を生み出そうというプログラム。
ある意味チューニングパーツと言えなくはないが、ただスポーツ性能を上げるのではなく話題のRB26DETTのように、高出力だけでなく高燃費という相反する要素にも目を向けている点が興味深い。
この考えを用いるなら、例えば形状は変えず中身を最適化、現代で調達できる素材に変えて開発するのもありだろう。
リサイクルしやすい素材や、天然素材に置換してみるのも考えらえる。
また、排ガスクリーンで音量も控えめになりがちな現代の法規に合わせ、その条件下で出力やドライバビリティを当時と同じに調整するもの面白い。
製造も、昔にはなかった3Dプリンタを使う事により、短時間で当時と同様のクオリティの製品が作れるようになるかもしれない。

今後の続報を待ちたいところだが、もしリクエストやカスタムオーダーを受け付けるようになるなら、ぜひ多くの声をHKSに届けてみよう。
数年前からAE86やハコスカ等のボディーパーツを新規に製造、販売するレストアパーツ.COM
数年前からAE86やハコスカ等のボディーパーツを新規に製造、販売するレストアパーツ.COM

次は当メディアでも何度も紹介しているレストアパーツドットコム
数年前よりAE86や箱スカ、S30Zや510ブルといった旧車の新品ボディパーツの製造、販売を手掛けている。
開発、製造にあたり海外のレストアパーツ専門メーカーとコラボレーション。
極上ボディから型を取り、製造にあたっては日本レベルの品質を追求したという。

その成果は如実に現れており、品質だけでなく価格もこなれているとあって販売も順調。
トヨタからも、そのまま続けてほしいとお墨付きまで頂いたとか。
旧車オーナーの中で益々目が離せなくなりそうだ。

余談だが、京都の自動車ショップ カーランドでは、レストアパーツドットコム製のボディパーツを組付けてレストアしたAE86のレンタカーサービスを行っている。
外国人観光客にとても好評との事。
お近くに寄られたら、ぜひ試してみてほしい。
トラストのGReddy Factoryでワンオフ製作されたパーツを組んだセリカXX
トラストのGReddy Factoryでワンオフ製作されたパーツを組んだセリカXX

次はチューニングパーツメーカーのトラスト/グレッディ
こちらでは「GReddy FACTORY」と称したカスタムオーダーサービスを展開している。
ワンオフマフラー製作、ドリフト車両製作、コンプリートカー製作の3本柱で行われる本サービスは、どれも、これまでのトラストの知見を生かして製作される。
その中でも旧車、中古車オーナーが気になるであろうマフラー製作については、量産車用から保安基準適合品、競技用車両向けと様々な要望に対応してくれる。
現車確認が必要なため、車を千葉のトラストの工場へ持ち込む必要があるが、それだけにより愛車にフィットしたマフラーが作られるはず。
もちろんメーカー品質というおまけつきだ。
FUJITSUBOの廃棄マフラー回収プログラム
FUJITSUBOの廃棄マフラー回収プログラム

最後にマフラーメーカーのFUJITSUBO
こちらでは廃棄マフラーの回収プログラムをスタートさせている。
カーボンニュートラルやSDGs(持続可能な開発目標)というワードが飛び交う昨今。
世界の企業に対して環境保全を考えた節度ある開発を行っていくよう求められており、多くではその準備、環境を整えてきている。
もちろんチューニングパーツメーカーも例外ではなく、モータースポーツ分野も含め少しずつ動き出している。

その中でも今回のFUJITSUBOの取り組みだが、これは、不要になったマフラーをFUJITSUBOで引き取り、自社内でリサイクル可能な素材へ生まれ変わらせるというもの。
その素材は新たな試作マフラーに使われたり、別の自動車部品や一般で使われる金物用品などへ用いられるという。
マフラーの廃棄に困っているユーザー、ショップは、まずは一度FUJITSUBOへ問い合わせみてほしい。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る