Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

FUJITSUBOブース - 東京オートサロン2023ピックアップFUJITSUBOブース - 東京オートサロン2023ピックアップ

公開日
更新日

FUJITSUBOのキャンプギアブランド「Smith SUSono」
東京オートサロン2023より気になるブースを取り上げてみる。
今回はエキゾースト・マフラーメーカー「FUJITSUBO」。
車向けだけでなく、アウトドア向けの一風変わったキャンプギアブランド「Smith SUSono」を展示してきた。
チタンカラーの寸胴鍋
チタンカラーの寸胴鍋
炭火台など
炭火台など

まるで、巨大なテールパイプに切断した消音器に見えるそれらは炭火台に寸胴鍋など。
さらにフライパンや火鉢までも置いてある。
これら、もちろんマフラーそのものを切った貼ったしたわけではなく、最初から専用に設計されている。
実績もあり、昨年のS耐24時間耐久レースではこの鍋で調理した料理が振る舞われたそうだ。

FUJITSUBOと言えばマフラーなだけになぜキャンプギアなのか?
ただよくよく考えてみると、素材はどちらもステンレスやチタン、スチールだったり、熱管理や溶接、加工、軽量化も双方通じるところがある。
意外と接点は多そうだ。

自社技術を異業種の製品開発に上手く応用してきた感じだが、キャンプギアは競合他社が多い事でも知られている。
その中で、果たしてどこまで存在感を出してくるか注目したい。
豪雪地帯で車が立ち往生しそうになった際、これを装着する事で悲惨な事故が防げるかもしれない。
豪雪地帯で車が立ち往生しそうになった際、これを装着する事で悲惨な事故が防げるかもしれない。

さて、メインのエキゾースト・マフラー製品だが、シュノーケルのようなマフラーアタッチメント「EGR(Exhaust GAS Releser)」が興味深い。
これは豪雪地帯でよくある、マフラー出口を雪が塞いだ状態でエンジンをかけたら排気ガスが車内に充満、一酸化炭素中毒を引き起こすリスクを回避するためのもので、マフラー出口に装着する事で、排気ガスを雪のない上方から排出するよう工夫されている。

FUJITSUBOイメージでは珍しい日常生活向けな製品だが、先の「Smith SUSono」ともども新たな展開を模索しているようだ。
FUJITSUBOが誇る製品群
FUJITSUBOが誇る製品群
FUJITSUBOデモカーのGRカローラとシビックType R
FUJITSUBOデモカーのGRカローラとシビックType R
FUJITSUBOで開発中のRZ34フェアレディZ用VVVマフラー
FUJITSUBOで開発中のRZ34フェアレディZ用VVVマフラー

そして、従来からのスポーツチューニング向けな製品展開だが、既存製品に加えデモカーとして、話題の日産フェアレディZ(RZ34)にホンダ・シビックType R(FL5)、GRカローラを展示してきた。

日産フェアレディZとシビックType RにはVVV、GRカローラにはA-Rを装着。
どれも開発中のコンセプトモデルだが、フェアレディZ向けVVVマフラーには、音量だけでなく音質を数パターン切替するという新しい試みがなされている。
この他、GR86とGRヤリス用のトータルエグゾーストシステムEPU(EXH PERFORMANCE UNIT)の開発も進めているようで、2023年もさらに力を入れてくるようだ。

愛車のパフォーマンスを高めたい、気持ちのよいマフラーサウンドを楽しみたいオーナーさんは、続報を待っていたほうがいいかもしれない。

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る