Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

日産京都自動車大学校の挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバック日産京都自動車大学校の挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバック

公開日
更新日

日産京都自動車大学校の学生フォーミュラチームNatck-Fが制作したマシン。
3年ぶりなリアル開催が叶った”学生フォーミュラ”。
物作りを学ぶ学生達の”甲子園”とも言うべき本大会へ各チームどのように臨み、どのような結果が得られたか?
今回は日産京都自動車大学校からエントリーの学生フォーミュラチーム”Natck-F”をピックアップしてみた。

2019年大会からEVでの挑戦を続けているNatck-F。
メンバーは17名。
チームリーダーの下にフレーム班、電装班、ブレーキ班、シート・カウル班、サスペンション班、機械車検班、電気車検班と専門の部署を置くチーム構成となっている。

多くは専門パートの設計、製作を行うが、ユニークなのが車検専門の班がある点。
これは車検を問題なく進める事を目的に設置された班で、例えば制作サイドで疑問や問題が発生した際、外部ではなく自己解決できるよう、問い合わせに対して回答を提示する役割を持たせている。
そのため、班のメンバーにはレギュレーションの読み込みと深い理解が求められたようで、相応の苦労があったようだ。

また広報面でも渉外担当をされた方など、各班と企業への仲介役として奮闘された様子。
馴染みの少ないビジネスメールの書き方から、企業に合わせた応対に至るまで悩みつつ取り組まれたようで、良い学びの場になったようだ。

Natck-Fが製作した学生フォーミュラマシンの紹介に移ろう。
リア周り モーターとインバーターは、日産の初代リーフ用のユニットが搭載されている。
リア周り
モーターとインバーターは、日産の初代リーフ用のユニットが搭載されている。
サスペンションとアップライトのアップ
サスペンションとアップライトのアップ
フロント周り。 サイドカウルが高すぎて乗り降りしづらく、急遽修正が入った事もあったとか。
フロント周り。
サイドカウルが高すぎて乗り降りしづらく、急遽修正が入った事もあったとか。
アキュムレータコンテナ。
アキュムレータコンテナ。

アキュムレーターを収めるコンテナはアルミ製で、各パネルを高強度接着剤を使ったボンディングで結合。
さらに結合部をやすり等で足付けし、強度をあげるためL字のアングル材を当てて形作っている。
一般的にこうしたコンテナは溶接で作られる事が多いが、今回の手法だと熱によるひずみを抑えられ、コンテナ形状を維持できるメリットがある。
ユニバーサル基盤。 先輩から受け継いだものを基本とし、追加箇所を新規に設計、製作した。
ユニバーサル基盤。
先輩から受け継いだものを基本とし、追加箇所を新規に設計、製作した。
コクピット周り。
コクピット周り。

ペダル下のフロアは、アクリル板を加工して設置している。
これは車検をスムーズに進行させるアイディアの一つで、ステアリングシャフトやアーム、ペダル類の取り付け状況、ネジの状態などを一目で確認できるよう試みられたもの。
点検時にも役立ちそうだ。

ペダル類はチルトン製。
ブレーキも一工夫したようで、ブレーキテストの際、マシンがリアヘビーでブレーキが効いてないという指摘があったため、マスターシリンダーまで手を入れる事でなんとかロックするまでに出来たという。
パワーユニットや基盤周辺も、アクリル板を活用する事で内部の確認をしやすくしている。
パワーユニットや基盤周辺も、アクリル板を活用する事で内部の確認をしやすくしている。


では大会結果を見てみよう。
事前に行われた書類提出、シェイクダウン証明提出、オンラインによる静的審査、動的審査では以下の結果となった。

ESA/ESO, SES, IAD, ESF, and FMEA:SES ペナルティ無し
デザイン審査:37位
プレゼンテーション審査:52位
コスト&製造審査:37位
シェイクダウン証明:承認
動的審査;未計測
燃費:未計測
総合:44位

静的審査では、書類提出まで順調に行えてペナルティはなかったものの、コスト審査などで足りない箇所を多く指摘されたという。

動的審査ではシェイクダウン証明、機械車検通過まで進んだものの、電気車検で、アクセルとブレーキの同時踏みテストでマシンが動いてしまうトラブルが発生。
現地では信号線の断線、プログラムの問題、コンピュータトラブルといったあらゆる可能性を探ったものの、車検終了時間になりタイムオーバー。
残念ながら走る事が出来なかった。

静的審査、動的審査とも厳しい結果にはなったが、年々順位をあげてきており、チームとしてもポジティブに捉えている様子。
なによりスポーツマンシップ、マネージメント、安全等の評価が高いチームに送られるスポーツマンシップ賞を得ている事からも、Natck-Fはチーム力を評価されるまでになっている。

そして来年に向け、後輩に生かしてもらうべく問題点と分析結果をしっかりまとめて引き継ぎし、来年こそマシンを走れる状態にして動的審査に進んでもらいたいと語ってくれた。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る