Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

トヨタ東京自動車大学校の挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバックトヨタ東京自動車大学校の挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバック

公開日
更新日

トヨタ東京自動車大学校の学生フォーミュラマシン
長年EVでの活動を続けている
3年ぶりなリアル開催が叶った”学生フォーミュラ”。
物作りを学ぶ学生達の”甲子園”とも言うべき本大会へ各チームどのように臨み、どのような結果が得られたか?
今回はトヨタ東京自動車大学校スマートモビリティ科からエントリーの学生フォーミュラチーム”TTCT-SFT”をピックアップしてみた。

チームメンバーは総勢41名程度。
結成5年目の若いチームながら、活動当初からEVでの挑戦を続けている事でも知られており、その経験の豊富さからか、EVへのコンバートを考える他校からも注目を浴びている。
全景
全景
コクピット
コクピット
リアサスペンションアップ
リアサスペンションアップ

こちらがTTCT-SFTが製作した学生フォーミュラマシン。

主に、昨年までの仕様を今年のレギュレーションに合わせてアップデートする事に主眼が置かれており、性能向上というより、大会での確実な完走を目標とした各部の最適化、効率化が図られている。
実際、モーターやバッテリー、インバーター類は昨年までの物を受け継いで使っており、チーム曰く”特に目新しいものは使っていない”という。、
この方向性はチームの運営方針によるもので、学生フォーミュラへの参加は、チームメンバー全員が電気自動車を学習する場と定義づけている。
これは学生フォーミュラの趣旨に通じるものであり、無謀な開発や無理に大会上位を狙わず、EVの基本、仕組み、構造、理論を大会を通じて学びとってもらう事で、次世代EV技術者の基盤作りを担おうとしているように感じられた。
リアビュー
リアビュー
今回新たに追加されたReady to Drive Sound対応ブザー
今回新たに追加されたReady to Drive Sound対応ブザー

今回、大きな変更があったのはブザーと動力バッテリー周辺の2点。

ブザーは、今年から組み込まれた”Ready to Drive Sound”というローカルルールに対応するためのもので、走行準備完了状態になったら特定のサウンドを出さなければならない。
これもただ音が出ればよいわけではなく、以下のようにレギュレーションで定められている。
・ドライバー中心に2メートル以内で80db以上のサウンド。
・最短1秒、最長3秒の連続鳴動をさせる。
・認識しやすいサウンド。
・攻撃的に感じられる動物の声、歌のパート、サウンドは禁止。

この音の選択、チューニングがちょっと手こずったという。

次に動力バッテリーだが、レギュレーションで内壁の高さが足りないとの指摘でその対応を行いつつ、バッテリー周囲を囲うボックス上の隔壁にいくつかダクト穴を設けている。
これは、ダクト穴からエアを取り込んでバッテリーを冷やす狙いがあり、これにより、エンデュランスといった長時間走行でも安定した熱管理が期待できる。

モーター、バッテリーなど発熱する部品が多い電気自動車。
所謂”熱”問題は自動車メーカーでも命題の一つにあげており、怠ればモーターの焼き付きや熱による電装系のトラブル、最悪バッテリーの発火という事態にまで発展する。
それだけに学生フォーミュラでもその問題はついてまわるようで、今回も時間をかけて取り組まれた。

では大会結果を見てみよう。
事前に行われた書類提出、シェイクダウン証明提出、オンラインによる静的審査、動的審査では以下の結果となった。

ESA/ESO, SES, IAD, ESF, and FMEA:SES ペナルティ無し
デザイン審査:36位
プレゼンテーション審査:18位
コスト&製造審査:33位
シェイクダウン証明:承認
アクセラレーション:23位
スキッドパッド:19位
オートクロス:34位
エンデュランス:16位
燃費:2位
総合:17位

昨年から大幅に順位をあげたTTCT-SFT。
EV部門でも2位。
さらに日本自動車工業会会長賞と省エネ賞2位を獲得している。

やはり3年ぶりの大会では先輩からの引継ぎが不十分だったりしたため、車検などもチームメンバーで試行錯誤しながら臨む事になったという本大会。

それでも長年培ってきたEV経験は大きいようで、静的審査ではデザイン審査で高い順位を得たり他項目でも減点なし。
そして多くのEV参加チームがシェイクダウン証明未承認となる中、こちらは順調に承認まで漕ぎ着けている。
車検でもいくつか修正指摘は受けたものの、大きな問題なく合格をもらっている。

その後の動的審査でも、天候不順や久々の大会で不慣れな面やトラブルが多く出てしまったが、目標としていたエンデュランスでの完走を達成。
チームとして満足いく結果になった。

こうした結果からも”我が道を行く”、”マイペース”という言葉が合いそうに思えた”TTCT-SFT”。
大会結果やマシン開発に振り回されず、あくまでEVをじっくり学ぶ事に重きを置いた事で方向性がシンプルになり、経験の浅い人でもEVという未知に取り組みやすい環境になっているように思えた。
これも学生フォーミュラの在り方の一つ。

ところで大会を経験してきたトヨタ東京自動車大学校のOB達は、今現在どのような活躍をしているだろう?
機会があれば、当時の話も交えて話を伺ってみたいと思う。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る