Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

静岡大学浜松キャンパスの挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバック静岡大学浜松キャンパスの挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバック

公開日
更新日

静岡大学学生フォーミュラチームSUMと整備中のマシン
3年ぶりなリアル開催が叶った”学生フォーミュラ”。
物作りを学ぶ学生達の”甲子園”とも言うべき本大会へ各チームどのように臨み、どのような結果が得られたか?
今回は静岡大学 浜松キャンパスからエントリーの学生フォーミュラチーム”SUM”をピックアップしてみた。

SUMとは”Shizuoka University Motors”の略。
人数50名弱と大規模なチーム構成で、今年からEVへチェンジしての参加となる。

こちらがSUMが製作した学生フォーミュラマシン。
整備中のためカウルが全て外された状態
整備中のためカウルが全て外された状態
アップライトとブレーキのアップ
アップライトとブレーキのアップ
タイヤと足回り
タイヤと足回り
リアセクションの足回りとシャフトのアップ
リアセクションの足回りとシャフトのアップ

今回のEV化の経緯として、従来のICVでは走行性能の頭打ちを感じるようになり、もっと加速性能を伸ばしたい、マシンの潜在能力をさらに上げていくならEV化しかないと決断したという。
今年はEV初年度という事で、まずは動的審査での完走を目指したマシンとなるよう設計されているが、加速性能の向上にと車体重量の削減に力が入れられている。
さらにパワートレイン系には、一般的に見られるチェーン駆動ではなくプロペラシャフトによる駆動方式を採用。
ここはチームのアイデンティでもある部分で、今後も継続して開発を進めていきたいとの事。
斜め後ろから
斜め後ろから
リアセクション
リアセクション

一番の難関はやはりEV化。
回路の設計など誰もが未経験だったため、開発は一から調査、勉強をしながら手探りで進めてきたという。
実際、事前の試走会では制御系とバッテリーにトラブルが発生して走行を断念した事も。
お話を伺ってみると、ノウハウのない中でのEV製作がいかに困難であるかが感じられた。
次の走行に向け整備中
次の走行に向け整備中

そんな中でも、他チームや企業さんから助言やサポートをもらえたのが大変ありがたかったとお話されていた。

では大会結果を見てみよう。
事前に行われた書類提出、シェイクダウン証明提出、オンラインによる静的審査、動的審査では以下の結果となった。

ESA/ESO, SES, IAD, ESF, and FMEA:ペナルティ無し
デザイン審査:25位
プレゼンテーション審査:30位
コスト&製造審査:27位
シェイクダウン証明:承認
動的審査:未走行
燃費:未計測
総合:39位
特別賞:EV部門のルーキー賞

まず静的審査だが、ペナルティもなく全体的に見てまずまずの結果に。
チームの方針として高い順位は求めず、マシン製作に影響が出ない範囲で対応したとの事だが、それでこの順位はチームメンバーの潜在能力の高さが伺えた。

しかし、動的審査に進むための車検で試練が訪れる。
ICVより多くの項目通過が必要となるEV車検。
初体験で不慣れだったのも合わさりかなり時間が取られてしまい、なんとか最後のブレーキテストに進んだもののマシンにエラーが発生。
その原因究明中に車検終了時刻を迎えてタイムオーバー。
無念の車検不通過となってしまった。

その後、原因はBOTのスイッチが切れっぱなしになっていた事と判明。
スイッチを入れた事でマシンが調子を取り戻したため、気持ちを切り替えてフォローアップ走行に向けた模擬車検へ参加。
一回目の経験が生きたのか、こちらは無事通過。
無事に本コースでの走行を果たす事が出来た。

その努力のかいあってか嬉しい知らせも。
EV部門参加チームが過去最多となった今年、EV初参加チームの中で高得点を叩き出した事でなんとルーキー賞を獲得した。

そして早くも来年に向けた活動も。
実は、マシンを本格的に走らせたのはなんと大会の2日前。
エンデュランスのような長距離は未経験だったため、どこに負荷がかかりどこが壊れやすいかといったデータがなく、信頼性に不安を抱えていたという。
それだけにフォローアップ走行への参加は貴重なデータ取りになったようで、大会後に予定されている試走会へも参加し、さらにデータを取りながら性能と信頼性の向上に努めていきたいと語ってくれた。

経験不足からくる不慣れさや遅れはあったものの、機構やシステム面で致命的なトラブルが少ないように感じられたSUMのマシン。
それだけに信頼性を確保し、今年の反省を踏まえた体制を整えてくるなら、2023年は強力な存在になるかもしれない。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る