Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

ホンダテクニカルカレッジ関西の挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバックホンダテクニカルカレッジ関西の挑戦 - 学生フォーミュラ2022チームプレイバック

公開日
更新日

ホンダテクニカルカレッジ関西の学生フォーミュラマシン
3年ぶりなリアル開催が叶った”学生フォーミュラ”。
物作りを学ぶ学生達の”甲子園”とも言うべき本大会へ各チームどのように臨み、どのような結果が得られたか?
今回はホンダテクニカルカレッジ関西からエントリーのFormula SAE部をピックアップしてみた。

ホンダテクニカルカレッジ関西Formula SAE部は、2021年4月に発足したチームで今年から本格的に活動開始。
大会出場も初めてであり、ノウハウや経験の少ない中で臨む事となった。

こちらがFormula SAE部が製作した学生フォーミュラマシン。
シャシー全般
シャシー全般
フロントサスペンションのアップ
フロントサスペンションのアップ
リアビュー
リアビュー

エンジンはホンダバイクCRF450RX用エンジンを搭載。
ミッションもバイク用のIパターンでチェーンドライブで駆動される。
レーサー用でセンサーがないため、独自にカム角センサーを装着して制御出来るようにしている。
マシンコンセプトがマスの集中化との事で、ドライバーが座るシート角度を出来るだけ立たせながらドライバーポジションを後方へ寄せ、エンジン位置もドライバーの背後近くへ寄せたレイアウトとなっている。

タイヤはフージャーの10インチ。
ブレーキも一般的なアウトボートタイプ。
今回はスキッドパッドで速いタイムを出す目的で小回りが効くよう、サスペンションジオメトリーの見直しに合わせて扁平率が変更されている。
これには、ドライバーからよりクイックな回頭性になったと感想があがっており、それはタイムにも反映されたという。
アルミフレームとスチール製ロールフープとの接合部アップ
アルミフレームとスチール製ロールフープとの接合部アップ
スチールパイプとアルミパイプの接合サンプル
スチールパイプとアルミパイプの接合サンプル

車体は多くのチームがスチールによるスペースフレームを採用する中、全てアルミで組まれたフレームとなってる。
レギュレーション上、メインフープなどはスチール製となっているが、これにより大幅な軽量化を達成している。
スチールとアルミという相反する素材を結合さっせる難題があったが、アルミパイプのインナーにスチールパイプを圧入し、それぞれに穴を開けてアルミ製のピンで串刺しにするように差し込み、外側を溶接する事で固定させている。
場所によっては逆にスチールパイプのインナーにアルミパイプを圧入、今度はスチール製のピンを差し込み溶接、固定させてる所もあるという。
独自制作のアルミ製IAと試験で使われたIA
独自制作のアルミ製IAと試験で使われたIA

衝撃吸収構造たるIAも独自に制作したアルミ製のもの。
標準IAを購入してを使うチームもあるが、独自制作を選択したチームには試験の実施と、試験方法と試験結果をまとめたレポートなどの提出が求められる。
それだけに時間と手間がどうしてもかかってしまうが、このチームは経験が少ない中でやり遂げた事になる。
もちろん審査はパスしている。

では大会結果を見てみよう。
事前に行われた書類提出、シェイクダウン証明提出、オンラインによる静的審査、動的審査では以下の結果となった。

ESA/ESO, SES, IAD, ESF, and FMEA:ペナルティ無し
デザイン審査:53位
プレゼンテーション審査:58位
コスト&製造審査:17位
シェイクダウン証明:承認
アクセラレーション:26位
スキッドパッド:13位
オートクロス:26位
エンデュランス:27位
燃費:計測なし
総合:34位

まず静的審査だが、やはり全体的に経験不足が響いた格好。
例えばプレゼンテーション審査では、資料作りや自分達の車両をどうアピールしたらいいか暗中模索な状態になっていたという。
審査中も、審査員の話と噛み合わない場面もあったようだ。

さらにシェイクダウン証明提出後の試走会では、エンジンオイルの減少によるオーバーヒートでエンジンブロー。
大会まで2週間しかないという状況の中、なんとか部品をかき集めて組み直すという一幕もあり、それでもなんとか車検、動的審査へ進める事に。
エンデュランスまで安定して走行出来ていたものの、ドライバー交代時にエンジンがかからないという不運に見舞われ、あと少しで目標の完走というところで無念のリタイアとなってしまった。

経験不足と不運に泣いた本大会ではあったものの、アルミ製のフレームやIAなどという独自開発要素もあっただけに、初参加ながら動的審査まで進めたのはお見事。
基本に沿い、目標を絞ったマシンコンセプトにしたのも良かったように思う。
なにより実際に走行が出来た事で多くのデータが持ち帰れたはずで、今年の失敗、ミスを振り返って分析、対策を立てていけば、来年はもっと上の順位を狙えるだろう。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る