Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

イケヤフォーミュラのシームレストランスミッションを試す - 人とくるまのテクノロジー展2022イケヤフォーミュラのシームレストランスミッションを試す - 人とくるまのテクノロジー展2022

公開日
更新日

イケヤフォーミュラのシームレストランスミッション
自動車部品の製造、開発を行う株式会社イケヤフォーミュラでは、数年前よりシングルクラッチ方式のシームレストランスミッションを開発。
他車のようなデュアルクラッチ方式でなくとも、シームレスなシフトチェンジを実現させている。
果たしてそのフィーリングはいかがなものか?
今回、イケヤフォーミュラのご厚意でそのトランスミッションを体験する事が出来た。

過去にはオリジナルマシンIF-02RDSやF1を意識したV10エンジンの開発、独自発想のシーケンシフターやパドルシフトを開発してきたイケヤフォーミュラ。
人とくるまのテクノロジー展2022でも、新たに開発したEV用の2速トランスミッションを展示。
その斬新な発想で、市場を刺激し続けている。

さて、今回体験するシームレストランスミッションは2013年頃から開発が進められているもの。
オリジナルスポーツカー「IF-02RDS」にも積まれていた事でも知られ、時代の要求に合わせて今日まで熟成が続けられている。

このミッションの仕組みだが、ざっくり言えば上のギアへチェンジした直後は下のギアは放れておらず、上のギアが嚙み合ってから下のギアを機械的にフリーにする構造。
このフリーにするまでの過程をいかにスムーズに行うかがポイントとなってくる。

それをイケヤフォーミュラではシングルクラッチで実現するため、まず独自開発したドグクラッチをギア間に配置。
電動アクチュエーターによる各クラッチの制御でギアの噛み合いをコントロールする事で対応した。
これにより、シフトフリー時に起こるトルク切れのないスムーズなシフトチェンジを実現させている。
※詳しい技術解説はこちらを参照
シームレストランスミッションを搭載したZZT231セリカ

今回体験するのは、こちらのトヨタ・セリカ(ZZT231)。
昔から社用車兼製品テスト車両として活用されているそうで、これにシームレストランスミッションが載っているという。
セリカの内装。ノーマル然だが、トランスミッションのクラッチのオイルポンプスイッチや油温計なが見える。

室内は一見ノーマル然とした雰囲気だが、ステアリング裏側には専用のパドルシフト、普通なら2DINオーディオが収まるスペースにはクラッチのオイルポンプ作動スイッチや温度計などが設置されている。

さらにAT車用のメーターパネルやシフト周りな内装になっていたが、これもインジケータ表示をさせるために流用したとの事。
試作車らしく電動アクチュエーターはトランク内に設置

トランクを開けると、試作車らしく電動アクチュエーターをトランク内に設置していた。
シフトチェンジインジケーターはAT車用を流用
シフトチェンジインジケーターはAT車用を流用

さて走行開始。
停車状態から発進する際はAT車同様にPからDポジションへ移動。
その際、一定のボタン操作でクラッチ調整のキャリブレーションも開始される。
これは試作車独自の機構との事で、量産車では車に合わせて事前に調整するためオミットされるという。

では動画で、シフトチェンジのスムーズさをご覧頂こう。

シフトチェンジ時の適度なダイレクト感と一定のテンポで、次々とシフトアップ。
確かに回転数が落ちたりといったトルク切れは感じられず、レスポンスも3ペダルMT車では考えられない程速く安定している。
シフトアップ時にコッ、コッ、コッと軽いショックが感じられるが不快ではなく、マニュアル車をシフトチェンジしている感覚が味わえて逆に気持ちが良い。
ストレスらしさは微塵も感じられなかった。

あくまでMTベースなためショックが皆無。。。とまではいかないが、言われなければ気にならないほど。
これまでATやCVTばかり乗り継いできた方だと違和感を感じる人もいるかもしれないが、もしMT車乗りが2ペダル車を選択した際、CVTとシームレストランスミッションを乗り比べてどちらを取ると言われたなら、多くの方は後者を選択するはず。
個人的にも、ATやCVTより2ペダルスポーツカーにマッチしたトランスミッションでは?と考えている。
叶うなら、最新のAT搭載スポーツカーと、シームレストランスミッションへ載せ替えた同じスポーツカーを乗り比べる機会があればと思うが、いかがだろう?

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る