Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

水で洗い流せて再修理可能?ホルツのお手軽パンク修理剤を試す水で洗い流せて再修理可能?ホルツのお手軽パンク修理剤を試す

公開日
更新日

ホルツの業務用 応急パンク修理剤を試してみました。
ドライブ中にパンクが発生すると、対応を面倒に感じる方も多いはず。
そんな方にはジャッキアップ不要のパンク修理剤をお勧めしたいが、自動車等のケミカル系用品メーカーのホルツ(武蔵ホルト株式会社)では、水で洗い流せて再修理可能にするパンク修理剤も扱っている。

一般向けに販売中のパンク修理剤はコンパクトで携帯しやすく、価格も手頃で誰でも簡単に処置できる事からバイク乗りにも重宝がられている。
反面、タイヤ内に充填された液剤の後始末が大変でショップ泣かせ。
一部では、それだけでタイヤ交換工賃が高額になったなんて話も聞くほどだ。
また液剤が取れなくてパンク修理が不可能。
即、新品タイヤへの交換を余儀なくされたケースもある。

洗い流せるならそんな事も無くなるが、最初に断っておくと今回紹介するパンク修理剤は業務用であり、今現在(2022年5月時点)一般には流通していない。
ただ、例えば本記事を見て欲しいと思った方の声が多ければ、一般向け販売も検討するとの事。
もし気になった方は、ぜひホルツ(武蔵ホルト株式会社)まで要望をあげてほしい。

動画でもご紹介しています。


こちらが今回試すホルツの業務用 応急パンク修理剤(MH767)。 今回は武蔵ホルト株式会社のご厚意で試す機会を頂いた。
こちらが今回試すホルツの業務用 応急パンク修理剤(MH767)。
今回は武蔵ホルト株式会社のご厚意で試す機会を頂いた。

試す本製品は車重2トン未満の軽自動車/普通車用で、対応するのは16インチまでのタイヤサイズ。
有効期限があるが、今回頂いた製品は2022年4月に手元に届いたもので、期限は2025年8月と約3年。
新車の国内保証期間や車検年数を考えると、保証期間後の定期点検時や車検毎に買い替えるのがちょうど良さそう。

成分は、ゴム手袋や一部水着にも使われているラテックスの乳剤とアルコール系溶剤。
缶内には一緒に空気も充填されている。
また高圧ガス(LPG)を使用した可燃性の製品なため、火の近くや高温下での作業、保管は厳禁。
破裂などの危険があるので注意したい。

では作業開始。
他のホルツ製パンク修理剤同様ジャッキアップいらずで車に装着したまま作業するべきだが、今回は事情により、敢えてタイヤ・ホイールを外した状態で一連の作業を行った。
この手順だと正しいパンク修理が保証できないので、予めご了承頂きたい。
パンクの生贄にしたタイヤはダンロップのエナセーブEC300。 サイズは175/65-15で廃棄予定のもの。
パンクの生贄にしたタイヤはダンロップのエナセーブEC300。
サイズは175/65-15で廃棄予定のもの。
釘が刺さった状態から始めたかったが、今回は事情により錐でパンクを再現。 まだ空気が残っていたため、先に空気を抜いてから穴を開けていった。
釘が刺さった状態から始めたかったが、今回は事情により錐でパンクを再現。
まだ空気が残っていたため、先に空気を抜いてから穴を開けていった。

ちなみに通常の使用を想定するなら、下準備として車を動かしてパンク箇所を露出。
原因となった釘等を抜いてタイヤ内の空気を全て抜き、パンク箇所を5時または7時の位置に移動させればOK。
※6時の位置は避けてほしいとの事。
空気を注入するエアバルブにパンク修理剤のホースノズルをしっかりねじ込む。 後はコックを回せば剤液と空気が注入されていく。
空気を注入するエアバルブにパンク修理剤のホースノズルをしっかりねじ込む。
後はコックを回せば剤液と空気が注入されていく。
注入中、一定の空気圧になったらパンク修理剤の剤液が漏れる構造となっている。 ここでコックを戻して終了。
注入中、一定の空気圧になったらパンク修理剤の剤液が漏れる構造となっている。
ここでコックを戻して終了。

ここまでの一連の作業は、物の数分で終えられた。
パンク箇所を確認してみたところ、見事に空気漏れは収まっていた。
パンク箇所を確認してみたところ、見事に空気漏れは収まっていた。
パンク修理剤注入後のタイヤ。 いい感じにパンパンで、数回前後に転がしてみたが問題はなさそう。
パンク修理剤注入後のタイヤ。
いい感じにパンパンで、数回前後に転がしてみたが問題はなさそう。


塞がったパンク箇所の状態を見るに、最長、例えば片道で長野、山梨あたりから東京くらいまでは持ちそうとの事。
ただ、これはあくまで私見での目安。
空気圧は一般的な数値で問題ないレベルだったが、速度は一般道で50km以下、高速道路は80km以下が良さそうだ。
先にも書いたが本製品は応急用であり、なんでもいいからとりあえず移動できる状態にしたと考えるべき。
やはり使用後は、早めのパンク修理が必要だろう。
パンク修理剤注入後のタイヤの中。 粘性のある白い剤液がべっとりしている。
パンク修理剤注入後のタイヤの中。
粘性のある白い剤液がべっとりしている。
液剤は水でこの通り洗い流せる。 尚、パンク再修理を行うならタイヤを温水で洗い流す必要がある。
液剤は水でこの通り洗い流せる。
尚、パンク再修理を行うならタイヤを温水で洗い流す必要がある。

本当ならパンク再修理まで試したかったが、事情により今回はここまで。
また機会があれば、今度は実際に車に装着したままテストしてみたいと思う。

その他、主な注意点は以下の通り。
・特殊吸音スポンジタイヤやランフラットといった特殊タイヤへの使用は出来ない。
・サーキットなどでのスポーツ走行での使用もNG(サーキットだけでなく、過剰な高速走行やタイヤに負荷がかかる走り、場所もNGだろう)。
・摩耗、劣化で弾力性が失われたタイヤには効果が出ない。
・エアバルブ不良があった場合、正しく注入されない事がある。
・全てのパンクケースに対して保証しきれないため、注入してもタイヤが膨らまないなどあれば、諦めてJAFやロードサービスを呼ぶ事。
・保管は直射日光が当たらない冷暗所のような場所へ。
・トランク内に保管する際は、専用容器が必要(車内は高温になりやすため、その対策)

旅先での車トラブルは嫌なもの。
普段からマメに点検していたとしても、パンクだけは避けられない事もある。
でも、今回紹介したホルツの応急用パンク修理剤なら、パンクに遭遇してもそれ程手間をかけず対応できる。

個人的にも取材で各地に車移動する事が多いため、このようなパンク修理剤はぜひ一本常備したいところ。
一般への流通を強く望みたい。

【製品提供・作業協力】
武蔵ホルト株式会社
〒102-0076
東京都千代田区五番町14番地

タイヤショップブレイブ
〒306-0201
茨城県古河市上大野2660-5

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る