Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

静かに行われていたホンダの純正部品再販と復刻部品製造の現状静かに行われていたホンダの純正部品再販と復刻部品製造の現状

公開日
更新日

ホンダで復刻製造された部品でレストアされたビート
トヨタや日産、マツダで旧車レストアや純正部品の復刻機運が盛り上がる中、他の国内メーカーの動向も気になるところ。
だが積極的なPRをしないだけで、実はかなり前から旧車部品の復刻を行っていたメーカーもある。
F1でお馴染みホンダもその一つだ。

F1ではレッドブル・レーシングの快進撃を支えているホンダ(本田技研工業株式会社)では、ミッドシップ・オープンカーとして名高い名車ビートと、長年仕事の足として各職業の方を支え続けてきたアクティ・トラックの純正部品再販を行っている。
展示のビートは、復刻部品も使い幌まで綺麗にレストアされている
展示のビートは、復刻部品も使い幌まで綺麗にレストアされている

開始したのは2017年頃。
これまでは特に広報活動は行っていなかったものの、2022年からもっと多く方に活動を知ってもらいたいと、WEBや展示会イベントなどで積極的なPRを行っているという。
ビートは毎年開催されているミート・ザ・ビートイベントへ参加するオーナーさん等からの要望と、アクティ・トラックは仕事の足として使っている方への支援、サポートを続けていきたいと部品復刻を決断。
要望の多さに加え、どちらも残存台数が多い事も復刻への決め手になったようだ。

ビートの復刻している部品数は76点(2022年3月時点)。
アクティトラックの復刻部品数は58点(2022年3月時点)。
ビート用に復刻製造された部品の一部
ビート用に復刻製造された部品の一部

以下はビートの部品リストページへのリンク先となるのでご参照頂きたい
ビート復刻部品リスト
アクティトラックについては、ショップやディーラーを通してお問い合わせ頂きたい。
アクティ・トラック用に復刻製造された部品の一部
アクティ・トラック用に復刻製造された部品の一部

まずは車種を広げるのではなく、車種を絞り取り扱い部品を少しずつ増やしていくのが当面の目標との事。
そのためにも、製造に協力してくれる部品製造業者、パーツサプライヤーを増やしていきたいと語ってくれた。
(2022年からの積極的なロビー活動や展示会への出展も、協力してくれるサプライヤーを募りたい目的もあったようだ)

人気中古車オーナーにとって、純正部品の廃盤は頭の痛い問題。
では希望者を多く募ってメーカーへ復刻を訴えても、残存台数や製造インフラの不足、そして何より収益が出なければとても続けられない。
さらに今年に入ってからは資材不足の影響が重なり、どこの製造業も軒並み価格の値上げに踏み切っている。
冷え切った日本経済と海外からそこそこの品質で安い製品が輸入されてくる現状を見るに、部品復刻に手をあげる企業は少ないのでは感じてしまう。

どうにかして国内製造業を活性化させないと。

現在はメーカーに頼らず、レストアパーツドットコムのように独自の方法で純正部品製造に乗り出す中小企業も現れており、トヨタはそうした企業を積極的に支持している。

メーカーとしては既存ファンを大事にしたい。
でも旧車部品の全面復刻は製造インフラの維持や収益面でも非常に厳しい。

それならばこと旧車に限り、例えばリバースエンジニアリングで図面を起こせる技術を持つ一個人の方や3Dプリンタを持つ個人、企業さんにある程度自由にやらせてみるのはどうだろう?
Youtubeを見ても3DスキャナやCADを使いこなしている方の動画も散見されるし、権利面を少し解放してインターネット上で積極的に呼びかけてみる事で、これまで以上に手をあげる方が出そうに思える。
なんならコンテスト形式にして、精度の高い製品を作る方々を競わせてみると話題性にもなって面白いのだが。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る