Car Media REVOLT-IS カーメディアレヴォルティス

クラシックカー好きマスター経営の大正から続く富山の純喫茶ツタヤクラシックカー好きマスター経営の大正から続く富山の純喫茶ツタヤ

公開日
更新日

富山最古の純喫茶ツタヤさんが、ミニ・エステート(間違っていたらすみません)とともにオートモビルカウンシルへ出展。
歴史ある名車から最新の輸入車、レーシングカーまで展示されるオートモビルカウンシル
2022年も幕張メッセで無事開催。
今回も会場内を散策してきたのですが、そこで美味しいコーヒーを出してくれる気になるお店を見つけました。

その名も純喫茶ツタヤさん。
なんと大正12年に富山県で創業した富山最古の喫茶店さんなんだそうで、現在は4代目マスターが、同じく富山県富山市堤町通りの店舗で経営されています。

そんな富山の歴史ある喫茶店さんが、なぜ千葉県は幕張メッセで開催のオートモビルカウンシルへ出店されたのか?
私もコーヒーが好きなので(マニアという程ではないですが)、せっかくなのでツタヤブレンドなるコーヒーを購入。
残念ながらマスターは不在だったのですが、ちょうどいらっしゃった若い店員さんに話しかけてみました。
※美味しいコーヒーや雑談に夢中で、ツタヤさんブースの写真を撮り忘れました。反省。。。

して、その答えは単純明快。
マスターが大の車好き、それもクラシックカーの大ファンだからとの事。
今回も幕張メッセに集まる貴重な名車を見たいがために出店を決意。
なんと自腹で、片道一時間の旅路を経てやってこられたそうです。

「もう少ししたら帰ってくると思うんですけどね~」とは、その店員さん。
でも、車好きの気持ちはとてもよくわかる私です。
「いや~こんなに目移りする車だらけなら戻ってこないか、仕事にならないでしょ~?笑」と返してみたところ、
「マスターの車好きはよくわかっています笑。せっかく来たのだから、たまにはゆっくり楽しんでほしいです笑」と笑顔で語ってくれました。

その後、若い店員さんとも軽く雑談を。
お1人はヴィッツRSに乗っているそうで、話ぶりからすると車がお好きご様子。
私の知り合いでオートバックス富山FC企業お勤めの方の事や、現地でのARTAヴィッツによるラリー活動のお話をしたところ、興味深く聞いて下さいました。
僅かの間でしたが、美味しい珈琲ともども楽しん時間を過ごさせてもらいました。
本当にありがとうございます。
チェッカー柄と組み合わせたお洒落なバイナルに、私や年配の方には若い頃を感じさせる書体がいい味出してます。
チェッカー柄と組み合わせたお洒落なバイナルに、私や年配の方には若い頃を感じさせる書体がいい味出してます。

そんな純喫茶ツタヤさんは、富山県富山市堤町通りのアーケード街にあります。
路面電車の富山地方鉄道富山市内線(市電)、西町駅の目の前のようでとてもわかりやすいですね。


また定期的に店の前に名車、クラシックカーを展示してそれを眺めながらコーヒーを堪能できる”カー喫茶”イベントを開催。
その様子は店の公式SNS(facebook,instagram)で見る事ができます。
個人的にはスイーツやオムレツも気になるところ(笑)

富山駅からもそれほど離れていないようですし、もし近くにいく事があれば、こっそりコーヒーを味わいに行ってみたいと思います。

REVOLT-IS

新着

総合人気順

【公式支援】
今を乱し、基本から見直す自動車情報屋
当WEBサイトでは、ご訪問者の利便性やサービスの向上、品質の維持を目的としてクッキー(Cookie)の利用、IPアドレス等の収集をしております。
詳しくは利用規約をご覧下さい。
ご同意頂けましたら、「同意する(Accept)」ボタンを押下して下さい。
尚、押下しないまま利用規約以外の他ページへ遷移した場合は、同意したものとみなします。
先頭へ戻る