東京オートサロン_インテグラ_20170321

インテグラType Rの今風なエアロスタイル


東京オートサロン2017取材記事。
今回は、株式会社ハートリング(hurtling)が展開するSolid Jokerブランドのエアロパーツでカスタマイズされた、DC2ホンダ・インテグラType Rを紹介する。

東京オートサロン_インテグラ_20170321_01

スマートなクーペスタイルから無骨な雰囲気を感じさせるスタイルへ。
最近のカスタムトレンドを取り入れつつ、カーボンパーツでレーシーさも加味している。昭和街道レーサースタイルを現代風に洗練させてきたようだ。
12Kカーボンで制作されたボンネット、リップスポイラー、リアスポイラー類も美しい仕上がりで、全体のフォルムをより引き立てている。

東京オートサロン_インテグラ_20170321_02

最近のトレンドを取り入れつつも、車高はサスペンションが有効に機能するギリギリで抑えている様子。
ホンダ系レース車両も確かこのくらいの車高だったはず。
機能美を感じさせるのはそのせいかもしれない。

その足回りを支えるのは、ハートリングのオリジナル車高調であるLIMIT DUMPER KIT
バネレートが高めなところを見ると、サーキットユース向けのセッティングか?。
タイヤ・ホイールも215/45-16インチを選択しているところからもその傾向が伺える。
ワイドトレッドとも相まって癖は強そうだ。

【取材–文―写真】
編者(REVOLT-IS

【お問い合わせ】
ハートリング(hurtling)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。