オートアフターマーケット_20170320_ショーワ_spk

ショーワ(SHOWA)が取り組む純正形状や補修用ダンパーの開発、再販


国際オートアフターマーケット2017取材記事。
今回は、SPK株式会社が販売元となるショーワ(SHOWA)が取り組んでいる、純正形状ダンパーや補修用ダンパーの開発、再販について紹介する。

オートアフターマーケット_20170320_ショーワ_spk_01

ショーワ(SHOWA)と言えば、バイクやホンダ系のショックアブソーバ、サスペンションをリリースするメーカーのイメージがあるが、実際は国内メーカー全てへ自社製品を提供している、独立系の二輪・四輪部品メーカーだ。
さらに無限ホンダアクセススプーンニスモD-SPORTキャロッセプローバといったチューニング・カスタム系メーカーとのチューニングパーツの共同開発も行っており、最近では自社ブランド”SHOWA TUNING“によるチューニングパーツの開発も行うなど、幅を広げている。

そんなショーワ(SHOWA)では、過去に廃盤にした自社開発のダンパー、ショックアブソーバーの再販を始めている。
これまでに多くの再販を要望する声を頂いており、その声に応える形で開始したとか。
内容はまだまだ限定的で純正形状のみに絞ってはいるものの、需要があれば取り扱い車種を広げていきたいとの事。

オートアフターマーケット_20170320_ショーワ_spk_02

純正形状ダンパー、ショックアブソーバーも色々進化を果たしているようだ。
同じ補修部品を再販してもらえるなら、形状はそのままに、ぜひとも現代の技術を取り込んで進化したものをリリースしてもらいたいところ。
耐久性や消耗性があがるだけでも、より長く愛車と付き合いたいユーザーからすれば嬉しいはず。

さすがに、自社で生産した車種部品以外での開発、販売は現時点でないそうだが、やはり要望があれば検討したいそうだ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – お問い合わせ】
SPK株式会社
株式会社ショーワ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。