HKS_Premiumday_20170303_スカイラインGTR_01

1日全開チューニングカーイベント【後編】


HKSプレミアムデイ2017取材記事。
前回の記事に続き、車好きモデルの響貴茜ちゃんと今回は後編をお送りする。

HKS_Premiumday_20170303_Gフォース_ランサーエボリューション

本コースでは、果敢にタイムアタックも行われている。
こちらは脅威の1分38秒888を叩き出したガレージGフォースの三菱ランサー・エボリューション(CT9A)。
レーシングドライバー「谷口信輝」選手のドライブで堂々のコースレコードを樹立。

HKS_プレミアムデイ_20170303_佐藤商会_S660_01 HKS_プレミアムデイ_20170303_佐藤商会_S660_02

響貴茜ちゃんも思わず覗き込むほど特徴的なダクトを備えた佐藤商会(RSパンテーラ)のS660。
左右で使い分けがなされているとか。
見た目のインパクトも効果大なだけに、気になるアイテムだ。

HKS_プレミアムデイ_20170303_デミオ_01

一般的にはスポーツカーの部類ではないマツダ・デミオだが、スーパー耐久レース全日本ラリー選手権などでは大活躍をしている。
軽量コンパクトなボディに今では珍しいマニュアルミッション搭載車両。
手軽に運転の楽しさを味わうには持ってこいの一台と言える。

HKS_Premiumday_20170303_スープラ_01

マテリアルオートファクトリーのパドック前で見かけたトヨタ・スープラ。
チンスポイラー一体型の巨大なカナードに目を奪われる。
無数の傷跡から、かなりの走り込まれている事が窺えた。

HKS_Premiumday_20170303_スープラ_02

こちらもマテリアルオートファクトリーのパドック。
素人最速戦常連の白まるさんが駆るトヨタ・スープラ。
ちょうど雑誌メディアの取材中。
不調な部分もあったようだが、タイムアタックではしっかりまとめてきた。

HKS_Premiumday_20170303_wrx_01 HKS_Premiumday_20170303_wrx_02

こちらはT-getスバル・WRX STI (VAB)。
ツインチャージャーなどの新機軸を打ち出してきており、そのパフォーマンスには関心が高まる一方。
エアロもS-Craftの製品で個性的に仕上げている。
響貴茜ちゃんも指さすカーボンドアミラーなど、愛車カスタマイズの参考になるものが色々施されていた。

HKS_Premiumday_20170303_86_01 HKS_Premiumday_20170303_86_02

HKSのD1GP仕様トヨタ86が新たに生まれ変わった。
D1GPチャンピオンの斎藤太吾選手率いる「Fat Five Racing」で制作されたこのマシン。
大胆なフレーム加工で、もはや市販車の面影は外装のみ。
かなり軽量化されているように見える。

HKS_Premiumday_20170303_アルテッツァ_01 HKS_Premiumday_20170303_アルテッツァ_02

2JZエンジンへ換装のC&Yスポーツのトヨタ・アルテッツァ。
なにやら懸命なトラブルシューティングが行われていた。
ギリギリまで攻めたデモカーだと、些細な事でも大きなトラブルにつながりやすい。
復帰が待たれていたが…

HKS_プレミアムデイ_20170307_響貴茜_01

本コースではタイムアタックが再開。
どこのショップも自己目標の達成に向け、果敢なアタックが繰り広げられていた。

HKS_プレミアムデイ_20170307_フェアレディZ_02 HKS_プレミアムデイ_20170307_GTR_01

車に違いはあれど、ストリートカーにサーキット用セッティングを施しただけの車がレーシングカーに匹敵するタイムを続々と叩き出してくる。
技術の進歩を感じずにはいられない。

HKS_プレミアムデイ_20170307_01

1年ぶりに復活のHKSプレミアムデイも無事に終了。
HKS
、そして各ショップとも意欲的な雰囲気が漂うイベントで、とても活気にあふれていた。
技術の進歩も目を見張るものがあり、デモカー、そしてタイムアタック勢も今後さらに速さや完成度を磨きあげてくるだろう。
その技術の一端でも手に入れたい方は、ぜひショップの門を叩いてみてほしい。

最後に、見事トップタイムを叩き出したガレージGフォースの三菱ランサーエボリューション(CT9A)の走りをご覧頂こう。

【取材 – 撮影 – 文】
編者(REVOLT-IS

【写真モデル】
響貴茜(ひびき あかね)

【協力】
Revolfe S.A.(レヴォルフェエスアー)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。