You are here
Home > EVENT > HKSプレミアムデイ2017【前編】

HKSプレミアムデイ2017【前編】

HKS_プレミアムデイ_20170205_01

1月とは思えない暖かな気候で迎えた2017年の「HKSプレミアムデイ」。この日を待っていたかのように、全国各地から多くのチューニングショップが自慢のデモカーを持ち込んできた。

今回、ありがたい事に横浜のチューニングショップ「Revolfe S.A.(レヴォルフェ・エス・アー」より来場のお誘いを受けたため、大のスポーツカー好きでもあるモデルの「響貴茜」ちゃんを伴いながら、「Revolfe S.A.」ブースを中心に現地の様子を色々見てまわる事にした。

ボリューム的に収まり切れないので、前編、後編でお送りする。今回は前編。

HKS_プレミアムデイ_20170205_02

まずは「Revolfe S.A.」。今回は「ポルシェ997」と「トヨタ・スープラ」の2台体制だ。運転席体験にタイムアタックへ出動したりと、ブース前は凄い活況だった。普段体感できないものなだけに、来場者も興味津々の様子。
HKS_プレミアムデイ_revolt s.a._20170205_04 HKS_プレミアムデイ_revolt s.a._20170205_03

こちらは「Revolfe S.A.」よりスーパーラップに出場する「日産・スカイラインGT-R(BCNR33)」。2016年、雨のスーパーラップで終盤までR35ランエボ勢を抑えトップタイムだった実力は本物。今回、プロドライバー「影山正美」さんのドライブで1’44.188をマーク。オーナーさんのドライブより2、3秒速いタイムだとか。プロの実力をまざまざと見せつけてくれた。

HKS_プレミアムデイ_revolt s.a._20170205_06 HKS_プレミアムデイ_revolt s.a._20170205_06

久々開催の「HKSプレミアムデイ」にて、チューニングカーレコードタイムを更新した「ガレージGフォース」制作の「三菱・ランサーエボリューション9」。プロドライバー「谷口信輝」さんのドライブで1’38.888という驚異的なタイムをマーク。「スーパーGT」を戦う「GT300」車両と同等のタイムに、MCも驚きの実況で伝えていた。

HKS_プレミアムデイ_ランサーエボリューション._20170205_07

こちらは「HKS」のデモカーブース。主催なだけに、自社デモカーが多く展示されるのは当然なわけだが、今回は「JTCC」の「オペルベクトラ」や怪鳥「レーシング・アルテッツァ」、ドラッグレース仕様の70「トヨタ・スープラ」等といったレアな車が目立った。

HKS_プレミアムデイ_スープラ_20170205_09 HKS_プレミアムデイ_アルテッツァ_20170205_10 HKS_プレミアムデイ_オペル・ベクトラ_20170205_11

こちらも懐かしい車。いや、レーシングマシンだ。2012年まで「スーパーGT」のGT300クラスを戦っていた「ARTA・ガライヤ」だ。残念ながらレギュレーション改定に伴い参戦する機会が奪われてしまったが、当日も当時と同様の輝きを誇っており、多くのファンを楽しませてくれた。

HKS_プレミアムデイ_ガライヤ_20170205_12 HKS_プレミアムデイ_ガライヤ_20170205_13

一般参加のタイムアタックエントリーのパーキングを覗いてみる。様々な車種、様々なチューニングの車が鎮座しており、ショップブースとは違った意味で楽しめる。
せっかくなので、茜ちゃんに気になる車をピックアップしてもらった。

HKS_プレミアムデイ_20170205_14

Revolfe S.A.」もサポートする「日産・フェアレディZ(Z32)」。茜ちゃんも「日産祭」などで見かけていたようで、すぐわかったようだ。
昔からのチューニングファンの間では、Z32と言えば「Revolfe S.A.」という程イメージが強い。評判通りの信頼性のあるチューニングで、オーナーさんも当日は気持ちよくアタックしていた。

HKS_プレミアムデイ_フェアレディZ_20170205_15

懐かしの555カラーの「スバル・インプレッサWRX(GC8)」もタイムアタックに参戦。そして撮影に夢中な茜ちゃん(笑)。個人的にとても好きな「インプレッサ」なのだとか。「555」と言えばスバル車の代名詞とも言えるブランド。WRCで、このカラーリングをまとった「レガシィ」、「インプレッサ」が快進撃を続けていた事は、ファンの間で伝説となっている程。

HKS_プレミアムデイ_インプレッサ_20170205_16

鮮烈なレモンイエロー系カラーリングの「三菱・ランサーエボリューション9」。茜ちゃん自身も「ランサーエボリューション5」のオーナーなだけに、「ランエボ」には高い関心を持っている様子。第二世代と第三世代の違い、自身の愛車との違いなど、細かくチェックしていた。

HKS_プレミアムデイ_ランサーエボリューション_20170205_17

さて、今回はここまで。この続きは後編でお楽しみ頂きたい。

尚、スケジュールの都合で取材が叶わなかったHKS筑波最速奪還プロジェクトで走らせる800ps仕様「トヨタ・86」の画像を掲載しておく。筑波サーキットTC200050秒を切る前代未聞のプロジェクト。どんな事になるか想像もつかないが、その後の進捗を期待して待ちたいと思う。

今回、写真モデルとして当記事のあちこちを飾ってくれた「響貴茜」ちゃん。自身も「三菱・ランサーエボリューション5」のオーナーであり、無類のスポーツカー好きなモデルさんだ。2016年よりいくつかの自動車レースやイベント、「東京オートサロン」でキャンペーン・ガールを務めながら、モデルとしてのキャリアを積み重ねてきている。
今回のイベントでも、様々なチューニングカーのオンパレードに興奮気味の様子で、撮影の合間、休憩するのも忘れて愛用のiPhoneで多くのチューニングカーを撮影していた(笑)
次回、後編でのショットもぜひお楽しみ頂きたい。

HKS_プレミアムデイ_響貴茜_20170205_18

【取材 – 撮影 – 文】
編者

【写真モデル】
響貴茜(ひびき あかね)
Twitter
facebook

【協力】
Revolfe S.A.(レヴォルフェエスアー)

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top