東京オートサロン_プーマセーフティ_20170128_02

PUMA SAFETYのお洒落な安全靴


東京オートサロン2017 取材記事。
今回は、「PUMA SAFETY JAPAN」が展開するスタイリッシュでお洒落な安全靴について紹介する。

PUMA」と言えばスポーツシューズ等でお馴染みだが、PUMA SAFETYはその「PUMA」が展開する「セーフティシューズ(安全靴)」ブランドとなる。
今回の日本での展開に先立ち、作業用品の総合メーカー「ユニワールド」が日本総代理店契約を締結。
PUMA SAFETY JAPAN」を立ち上げ、2年程前より国内での販売が開始された。

東京オートサロン_プーマセーフティ_20170128_03

カラフルでお洒落なデザインの「安全靴」。
馴染みある「PUMA」のロゴ。
一見するとお洒落なスポーツシューズのように思えるその外観と表記のギャップからか、東京オートサロンに訪れた多くの若者の目にとまっていた。

東京オートサロン_プーマセーフティ_20170128_07

試し履きをしたり担当者と意見交換。
SNSを見て訪れた方など、ブースはなかなかの盛り上がりだった。

東京オートサロン_プーマセーフティ_20170128_05

「安全靴」の分野でも、スポーツ用品メーカー各社がしのぎを削っている様子。
ネット検索で「安全靴」と入力してみると、「asics」、「adidas」、「MIZUNO」といったお馴染みのメーカーがたくさん出てきた。
どこも機能性はもちろんの事、お洒落や見た目にも拘った「安全靴」をリリースしている。
その流れを見てなのか、老舗作業用品メーカーである「XEBEC」も、お洒落要素を取り入れた商品ラインナップを展開中のようだ。

激しい争いが繰り広げられている「安全靴」の分野。
そこへ「PUMA SAFETY」はどう立ち向かうか?

当初は国内の作業用品メーカーに分があったようで、数年前の初期モデルは日本人へのウケはあまりよくなかったようだ。
その反省を元に日本の総代理店である「ユニワールド」と「PUMA」本社では、日本人にあった「安全靴」をと協議、研究開発を重ね、ついに日本人向けオリジナルモデルを完成。
今年2017年に発売できる事となった。

東京オートサロン_プーマセーフティ_20170128_06

今回展示されていたのが、その日本人向け専用モデルの「安全靴」。
さっそく会場で試し履きをされた方からは、好評の声をたくさん頂いたという。
実際に販売されてからの反響が楽しみだ。

【取材–文―写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力・お問い合わせ】
PUMA SAFETY JAPAN ( 株式会社ユニワールド )

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。