オーナー_ホンダ_S2000_20170108_01

J’sレーシングエアロとサーキットチューニング – ホンダ・S2000

大黒PAで取材をしていたところ、鮮明なイエローカラーを身にまとったアグレッシブなホンダ・S2000と遭遇した。
ホンダ車チューンの老舗である J’sレーシングのエアロキットをベースに外装を仕上げ、カーボンFRP製でボディと同色塗装。
カナードも綺麗にセッティングされており、このアングルからでも完成度の高さを感じる。

オーナーさんはストリートだけでなく、サーキット走行までもこのS2000で楽しんでいるという。

オーナー_ホンダ_S2000_20170108_03

フロントに比べリアはおとなしめだが、バンパーにエア抜きのダクトが設けられている。
タイムアタッカーなら、このダクトの重要性は認識済みなはず。
走行中、バンパー内に滞留しがちなエアを抜くことで、空気抵抗の低減を図る事ができる。

オーナー_ホンダ_S2000_20170108_02

ボンネットを開けると巨大なエアダクトが鎮座していた。
見た目だけでなく、パーツ自体の剛性もあがっているような印象を受ける。
熱対策もぬかりはないようで、最近トレンドの金色の熱反射シートも用いてセッティングがされていた。
純粋なエアをそのまま吸うNAでは、性能向上にエアボックスチューニングや熱対策は欠かせない。

見た目だけでなくポイントをしっかり押さえたホンダ・S2000と言えるだろう。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。