オーナー_トヨタ_チェイサー_20160924_04

拘りのパール、ラメ、フレーク塗装 – トヨタ・チェイサー


8月の猛暑な日に開催された「えすぷろ走」。
その会場内では、「六発遊具」が主催するドレスアップコンテストが行われていたが、その中で色々な意味で輝いていたこちらの「トヨタ・チェイサー」をご紹介する。

えすぷろ走」直前に出来上がったというこのチェイサー。
ご覧の通りのラメ、フレークの青系塗装で車体上面からトランク、グリルに至るまで綺麗に塗り分けている。
純白のボディカラーとの愛称もいい感じだ。

オーナー_トヨタ_チェイサー_20160924_05
上面から見ると塗装の仕上がり具合がよくわかるだろう。
当日はなかなかの快晴ぶりだったため、車体上面のあちこちがキラキラ輝いていた。
フェンダーとピラー部分の塗り分けや、ドアミラーのカラーパターンも要注目。
一般的にボンネット、ルーフ、トランクと塗るパターンがよく見られるだけに、オーナーさんの拘りが感じられた。

オーナー_トヨタ_チェイサー_20160924_01
会場となった日光サーキットの新緑を背景にしたショット。
このアングルもとてもなかなか映える。

オーナー_トヨタ_チェイサー_20160924_02
再び横からのアングルショット。
大径ホイールで足元のボリューム感を強調している。
車高長セッティングも、走行に支障が出ないレベルでギリギリまで落としているようだ。

オーナー_トヨタ_チェイサー_20160924_06

当日開催のドレスアップコンテストでも好評価がもらえたようで、オーナーさんのカスタム欲にもさらに火がついたようだ。
今後このチェイサーがどのように進化していくか、とても楽しみにしておきたい。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【オーナー】
菜摘

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。