20210421_レカロ純正シート_シートレール_修理_事例

【デモカープロジェクト】純正シートのシートレール修理


今回はちょっとした小ネタを。
純正シートがお気に入りでずっと愛用していた時、もしシートレールが壊れた場合はどうする?
普通に考えたら純正シートレールを取り寄せて交換という事になるが、アフターパーツとしてリリースされているシートレールを装着する方法もある。

20210421_レカロ純正シート_シートレール_修理_事例_01

REVOLT-ISデモカーのトヨタ・セリカGT-FOUR(ST205)には純正レカロシートが装着されており、特に不満もなかったのでそのまま乗っていたところ、経年劣化で片側にガタツキが発生。
そのままだと正しいシート位置で固定できないので、シートレールの新品交換を決意。
ただ、純正シートレールが在庫なしの納期未定で価格も割高だった事もあり、チューニングショップRevolfe S.A.の提案でレカロの社外品シートレールを装着する事にした。
もちろんST205用を選択。

20210421_レカロ純正シート_シートレール_修理_事例_02 20210421_レカロ純正シート_シートレール_修理_事例_03

若干の調整をしたうえで問題なく装着する事ができた。
シートレールの形式上、シートスライドが前方のバーを操作する形式に変わってしまったが、これは慣れれば問題ない。
しっかりシート位置が固定できるようになったので、安心してドライビングを楽しめるようになった。

【取材 – 写真 – 文】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
Revolfe S.A.

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。