20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス

【PR】マークXをよりスポーティーに変身させるエアロキットが発売中

マークXやクラウン、レクサスなどの車販売、カスタムカー制作を手掛ける関西のカーショップ「ガレージサクセス」から、トヨタ・マークX用の新たなフルエアロキットが発売開始された。

20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_05
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes

コンセプトはMore Sporty(モアスポーティ)。
マークXを知り尽くしたガレージサクセスが、G’s/GRMN仕様よりさらなるスポーティーさを求め、徹底的に拘り開発された。

20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_01
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes
20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_02
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes
20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_03
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes
20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_04
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes

以前のデモカーと比較して、さらに先鋭的なデザインが配されたこのマークX。
べース車のデザインアイデンティティはそのままに、各部の調和や車高を落とした時の見せ方までしっかり考え抜かれている。
ボディ色とブラックの塗り分けもスポーティさを強調させているが、このエアロキットのデザインをする際、単色塗装でも色味の変化によりスポーティさを損なわないよう配慮されている。

20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_06
開発中ショット
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes
20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_07
開発中ショット
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes
20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_08
製品仮止め見本
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes
20210406_マークX_フルエアロ_バンパー_サイドステップ_ガレージサクセス_09
製品仮止め見本
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes

製品は黒ゲルコート仕上げで、これにより単体での強度や歪みを抑えている。
さらにガレージサクセスでは自社板金工場を完備しているため、希望者はプレスライン(ダクト部分など)に塗り分け設定を別途オーダーする事も出来る。
ちなみに写真のグリルはワンオフ制作品のため、非売品との事。
このエアロキットへは、後期純正グリルが装着可能となっている。

20210406_マークX_ガレージサクセス
©GARAGE SUCCESS
©BRASH
©Runabout Heroes

このエアロキットの製品内訳と価格は以下の通り。
・フロントバンパー:96,800円
・リアバンパー:96,800円
・サイドアンダーパネル:49,500円
・エアロボンネット:88,000円
※税込/送料別
※取付け工賃別
※FRP製 黒ゲル仕上げ 未塗装品
※自社鈑金工場配備により別途費用で塗装対応可

・3眼ヘッドライト:89,800円
・オープニングモーション付テールランプ:48,000円
※税込/送料別
※取付け工賃別

購入、問い合わせはガレージサクセス各店舗か公式SNSのDMで対応する。
これまでとは違ったマークXスタイルが手に入るチャンス。
気になった方はぜひ問い合わせみよう。

【取材 – 文】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 購入、商品問い合わせ先】
ガレージサクセス(公式LINEInstagram , Twitter , facebook)
ガレージサクセス各営業マンのSNSアカウントをご存じの方は、そちらへの問い合わせも対応可能とのこと。

【写真協力】
Runabout HeroesInstagram, facebook

【Model】
綾(りん)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。