20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム

【デモカープロジェクト】パワーチェック in SAB厚木

協賛企業様や協力ショップ様のおかげで少しずつ歩みを進めているデモカープロジェクト。
今回は、今後弄っていく上での性能を比較しやすくすべく、デモカーのトヨタ・セリカGT-FOUR(ST205)の現状のパワーチェックを行う事にした。

20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_01

場所はスーパーオートバックス厚木店。
こちらには、サクラダイノシステムという2ローラータイプのシャーシダイナモが設置されている。
ここで今回のパワーチェックを行っていく。
尚、パワーチェックは事前予約制となっているが、土日祝は他の作業予約が多く入る事もあり、最短でのパワーチェック予約は1ケ月ほど待つ必要があるかもしれない。
平日だと比較的早めに予約しやすいようなので、もしパワーチェックをやってみたいという方は、店舗担当者へ相談される方をお勧めする。

20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_03 20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_02

こちらがそのサクラダイノシステムのシャーシダイナモだ。
このローラーの上に4輪を載せて計測していく。

今回ローラー式のパワーチェックを選んだ理由としては、カタログ馬力と同じネット値での馬力を計測しかたったから。
ネット値とは、ざっくり言えば車をいつでも走行できる状態で走らせて計測した値。
一般によく目に触れるカタログ馬力との比較のほうが、実際とどれだけ差分が出ているかわかりやすいと判断したからだ。

ただ大パワー大トルク車だとタイヤがスリップして計測出来なくなるリスクや、計測環境内の気圧や湿度に対する補正が甘いという欠点もある。
また使用タイヤによっては、計測中にトレッド面が剥離して事故が発生するケースもあるという。
事前に使用タイヤの申告をしておくべきだろう。

20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_06 20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_04

前後に車が動かないよう牽引ロープでしっかり固定し、背後のシャッターを閉めていよいよ計測開始。
事前に車の仕様とエンジンを何回転まで回して大丈夫かを聞かれたが、マフラーを変えたのみで基本はノーマル、エンジンはレッドゾーンまで回してOKと回答した。
さてどうなるか?
計測中の様子は、こちらの動画をご覧頂きたい。

20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_05

計2回の計測を終えて無事完了。
特にスリップする様子もなく、現在履かせているシバタイヤにも異常は見られなかった。
一応2時間の予約を取っていたが、順調に進んだせいか1時間半も掛からなかった。

20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_08 20210328_パワーチェック_厚木_スーパーオートバックス_サクラダイノシステム_07

作業を終えると、このようなプリントアウトした計測結果シートを頂ける。
内容は4速でレッドゾーンまで回して記録したもので、2回の計測のうち1番良い結果のほうを出してみた。
計測馬力とはタイヤがローラーを回した力を計測したもので、それに対しミッションやデフ、タイヤとローラー等で発生する駆動損失や摩擦損失で失った馬力(損失馬力)を足したものが修正馬力となり、この修正馬力と回転数から算出されるのが修正トルクとなる。
今回欲しかったのがまさに修正馬力と修正トルクで、カタログ値と比較すると次の通りとなった。

【カタログ値】
馬力:255.5ps / 6,000回転
トルク:31.0ps / 4,000回転

【現状での計測値】
修正馬力:261.6ps / 6,284回転
修正トルク:32.8kgm / 3,745回転

現在13万7,000km近く乗っており、エンジンやタービンはノンオーバーホール。
てっきりパワーが落ちていても仕方ないと思っていたが、結果的には若干上がっている結果にかなり驚いた。
担当者曰く、マフラー交換が影響しているのでは?との事。
またリミッターカットをしているような感じもあったらしく、それも数値に反映された可能性もあるという。
中古車で買った時から色々怪しい弄り方をした形跡があったので、このあたりも一度はっきりさせる必要がありそうだ。

ともあれ、カタログ値より馬力もトルクも落ちておらず、マフラーを変えただけでも出力アップが見込める事が実感出来たのは収穫だった。
今後はこの値を基準に、様々なチューニングの性能評価を行っていければと思う。

尚、今回の測定料金は8,800円(税込)也。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【パワーチェック問い合わせ先】
スーパーオートバックス厚木

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。