20210313_シバタイヤ_レイダンタイヤ_評価_レビュー

【デモカープロジェクト】シバタイヤの評価(一か月目)


話題のシバタイヤを装着して一ケ月が経過した。
その間、街乗りや高速道路、峠のワインディング、そして雨と様々な状況で走りこんでみての評価、インプレをまとめた。

【シバタイヤの紹介】(2020年3月)
【シバタイヤの長期公道テストを開始(2021年2月)
【シバタイヤの種類とタイヤサイズと価格】

装着当初から感じていたが、やはり軽さとロードノイズの低さは一ケ月経った今でも変わっていない。
カーオーディオも普通に楽しめるし、乗り心地もなかなかソフトだ。

周囲の安全を見計らい軽くスラロームさせると、まるでアンダー2リッター車のように車体が軽快に動いてくれる。
もちろん滑ったりするわけではなく、ステアリングを切った直後ではグニっとした感触があるものの、その後はしっかりしたグリップ感が伝わってくる。

高速道路でのクルージング中では、伝わる軽さから最初は不安だったものの、特に路面のギャップにタイヤが取られたりする事もなく直進安定性も問題なし。
個人的な好みで言えばどっしりした重さのほうがちょうど良く、そのほうが安定感が感じられてより安心できるが、こういう特性だと慣れればたいして気にならない。

そのまま山のワインディングへ。
一般ドライバーが観光で走るペースで走らせてみた。

街乗りで感じられた軽快感は、こういう場所ではとても武器になる。
上りでは、フロント荷重をあまり載せなくてもステアリングを切る以上の舵角で曲がってくれる。
下りでは、カーブによって曲がりすぎるきらいもあり、アクセルを踏み足して旋回姿勢を安定させる必要があったほど。

カーブの進入直後に車体を出口に向けてさえおけば、アクセルを踏みながら曲げていけそうだ。
伝わるグリップ感も街乗りと同様で、舵角を与えた直後はグニッとするものの、その後はしっかり路面に食いついている感触が伝わってくる。
はたして、どれだけ旋回速度をあげられるだろうか?
ここまで”攻める気分”にさせられるタイヤは久しぶりだ。

途中、思いつきで車高調の減衰設定を1段上げてみたところ、安定感が若干上がったのとわずかに重さが感じられようになり、さらに乗りやすくなってきた。

全体的なグリップ感で言えば、特にパワーが食われているような様子もない。
13万kmオーバーのノーマルエンジン、ノンオーバーホールのセリカGT-FOUR(ST-205)のパワーでバランスはちょうど良い感じ。
TW240のコンパウンドだからかもしれないが、これならアンダーパワーな車でも履きこなせそうに思える。

20210313_シバタイヤ_レイダンタイヤ_評価_レビュー_01

さて、公道を走るならまず試しておかねばならない雨。
ウェットコンディションでのインプレだ。

結論から言えば、下道も高速道路も、交通の流れに沿った速度で走るぶんには全く問題なかった。
ワインディングでの旋回速度も、晴天時に比べて若干速度は落としたが、しっかり走り抜けてくれた。
車が周囲にいない事を確認のうえで水たまりの上なども走らせてみたが、特にハイドロプレーンの兆候もなし。
さらに数度のどっかんブレーキも試してみたが、これはセリカGT-FOUR(ST-205)のABSが効き、安定して減速させる事ができた。

ただ1点だけ。
道路工事で敷かれた鉄板の上を通過した際、ズルッと滑った感じがした。
すぐに安定して事なきを得たが、グリップが低くなる路面状況では、ちょっと慎重になったほうがいいかもしれない。
雨という事で、タイヤのトレッド面の温度が低めだった事も付け加えておく。

今回は一般に多い雨降りの状況下だったが、ゲリラ豪雨クラスの雨だとまた違ってくるかもしれない。
そして、日々のタイヤチェックや空気圧管理をしっかりしておかないと危険なのは、どのタイヤでも同じこと。
雨の日はいつも以上に注意して走行を心がけたい。

最後に、走行を終えた直後にタイヤトレッド面の温度を触って確認したところ、リアタイヤの外側だけ冷えたままなのがわかった。
以前はこんな事がなかったので、恐らくタイヤ形状の違いからきているものだろう。
これでは片減りしてしまうし、タイヤの性能を100%発揮できない。
近日中に、リアのキャンバーを起こしたりトーインを付けるなどアライメントを調整しておきたいと思う。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – お問合せ】
シバタイヤ
SHIBATA
R31ハウス

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。