ロータリーエキスポ2016_26

ロータリーエキスポ 2016


ロータリーエキスポ 2016 取材記事。
今回はイベントの模様をお送りする。

昨今の日本の夏らしく、猛暑に見舞われたイベント会場のドライブインもちや
しかしそんな暑さもなんのそのとばかりに、この日を楽しもうとRX-7を始めとした多くのロータリーエンジン車が集結した。

ロータリーエキスポ2016_30

ロータリーエキスポ2016_05ロータリーエキスポ2016_06 ロータリーエキスポ2016_12

スタッフ皆さんが巧みな連携で誘導を行う。
続々と集結するロータリー車。
RX-8やRX-3も含め、午前中だけでもかなりの台数が来訪した。

ロータリーエキスポ2016_07 ロータリーエキスポ2016_08 ロータリーエキスポ2016_11

あちこちでは、仲間や久々にあった方々との交流、お気に入りのロータリー車の写真を撮影したりと思い思いで楽しまれている光景も。

ロータリーエキスポ2016_09 ロータリーエキスポ2016_10

ショップブースも賑わいがどんどんアップ。
カッコいいデモカーや気になるパーツには参加者も興味津々のご様子。
純正パーツが手に入りにくなってくる昨今なだけに、こうしたロータリー・ショップの存在が大きくなってくるはず。

ロータリーエキスポ2016_13

ロータリーエキスポ2016_29

出展ショップは以下の通り。

ドゥーエンジニアリング
MZ Racing
TOTAL7
NUTEC
クムホタイヤ・ジャパン

お客さんとコミュニケーションを取りつつ、今後どのようにしてRX-7やロータリー車を盛り立てていくか思案されているご様子。

ロータリーエキスポ2016_15 ロータリーエキスポ2016_16 ロータリーエキスポ2016_17

主催者テント前では代表のご挨拶から始まり、オーナーさん持ち込み品によるオークション、ロータリーエンジンの分解ショーなどが行われ大変な盛り上がり。
希望の品をゲット出来た方からは笑顔も見られた。

ロータリーエキスポ2016_14

毎年恒例のロータリーエンジン分解ショー。
滅多に見れないだけに、多くの注目を集めていた。

ロータリーエキスポ2016_22

ここからは、会場内で見つけた気になるRX-7やRX-8、ロータリー車をピックアップしていく。
こちらは今回、撮影などで協力もしてくれた若いオーナーさん愛車のFC。
念願の愛車でのイベント参加をとても喜んでいた。

ロータリーエキスポ2016_21

サバンナ・RX-3。
去年も拝見したが、いつもながら渋いオーバーフェンダーのカスタマイズ。
独特のエキゾーストサウンドを響かせてた。

ロータリーエキスポ2016_25

エンジン回りを中心にリフレッシュされたというFD。
オーナーさんからは、もちやに来るまでのワインディングロードがとても楽しかったとおっしゃってた。

ロータリーエキスポ2016_19

センスのいいシャコタン、ツライチを魅せてくれたこちらのFC。
オーナーさんからは、オープンカーであるカブリオレモデルならではの笑い話や苦労話をたっぷり聞かせてもらった。

ロータリーエキスポ2016_18

こちらのRX-8は、迫力のシャコタンセッティングが施されていた。
カスタムカーイベントなどでまた遭遇するかも。

ロータリーエキスポ2016_23

ラリーカー風カスタマイズなライトポッド装着のFD。
なかなか様になっていた。
土の上で走っているところも見てみたい。

ロータリーエキスポ2016_24

初代SAも数台がエントリー。
こちらのオーナーさんは純正SA22Cのスタイルがお好きのようで、これからもできる限りこのままの状態で維持していきたいとの事。

ロータリーエキスポ2016_26

今回は雑談のようなスタイルでたくさんのオーナーさんとお話してきたが、ロータリー車の良い面も悪い面もひっくるめて楽しんでいる印象を持った。
燃費が悪い、夏場の熱ダレ、水温がつらい、熱いときは乗れない、といった事も笑い飛ばされる方も。
そしてオリジナルスタイルのRX-7を保持していきたいという声も多く、本当に愛されているスポーツカーだと、あらためて感じた。

こちらは、当日集まった方々の集合写真。
こういった人達がいる限り、まだまだロータリー熱は衰えないだろう。

ロータリーエキスポ2016_28 ロータリーエキスポ2016_27

誰もが大満足で家路へ。
また来年も、この盛り上がりが続くことは間違いなさそうだ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力】
RotaryExpo事務局

いくじろう

とにかく珍しい車やおバカな車を好む変態気質。車さえあればどこへでも飛んでいきたいところだが、残念ながら車がないという痛恨な人生。 そんなストレスを取材活動で発散しながら、今日も日々の生きがいを求め中古車情報をあさる毎日。今欲しい車はランエボ9なんだとか。