20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや

丸目セリカに一目惚れ


スポーツカーを購入する若者、特に女性が増えているような昨今。
その中には限定解除してまで購入しようとする方もいれば、免許取得前に購入してしまう方までいるほどで、その勢いと行動力は男性顔負けな感じで驚かされる。
このST205セリカGT-FOURのオーナー、Twitterネームみーやさんも、そんな女性の一人だ。

ST205と言えば、往年のWRCファンにはグループAのホモロゲーションモデルとして今でも根強い人気がある。
だがみーやさんの場合、セリカを選んだのはそれが理由でないようだ。

その理由とは単純に一目ぼれ。
きっかけは、知り合いに埼玉の車屋で販売されていたセリカを勧められたから。
それまでラリーもWRCも全く知らなかったみーやさん。
当時はシトロエンC3を愛車に車を楽しんでいたが、セリカの写真を見たところ思わず可愛い!!欲しい!!と感じ、その勢いので購入を決意したという。

20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや_01 20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや_02 20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや_04

光加減では深みのある赤色を見せてくれるこのセリカ。
大人な女性にも似合いそうな雰囲気を醸し出してくれるが、各部を細かくチェックしてみると、WRCベース車では定番のOZレーシングホイールVARISのエアロバンパー、リアにはGTウイングが装着されている。
さらに室内にはロールバーやグッドガンのバケットシートまで備わる凝りよう。
結構スパルタンな仕様と言えなくもないこのセリカだが、その多くのパーツはセリカ購入時から付いていた物。
みーやさん自身サーキットや峠を攻めたいわけではなく、純粋に好きな車との気ままな街乗りドライブを楽しみたいだけなんだとか。

20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや_05

そんな思いを持つみーやさんだけに、購入後も自分色に染めるべく少しずつカスタマイズを行っている。
エンジンは吸排気中心のライトチューニングだが、足回りには車高ダウンを目的にD2 Japanのストリート向け車高調をスーパーストラット向けに加工して装着している。

20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや_03

マフラー部分を見ると出口部分がなんとハート型に。
なんとも女性オーナーらしいカスタマイズだが、これは栃木のショップCLRで加工された一品。
ハート型に加工したマフラーカッターを、溶接で付けている。
ここはみーやさんもかなり拘ったそうで、一番のお気に入りポイントとして推してくれた。

20200727_セリカGT-FOUR_ST205_オーナー_みーや_06

このセリカ、購入してから2年ほど経ったが全く飽きはこず、今でも愛車を眺めたり一緒にドライブするのが楽しくて仕方ないという。
以前、ECUの基盤が剥離するというトラブルに見舞われたが、それも知り合いの協力で代替品を確保する事で無事解決。
それ以降は大きなトラブルもなく、愛車とのカーライフは快調そのもの。
今後はもっと自分好みにすべく、ST205セリカ純正の所謂ゲタ付きリアスポイラーやマッドフラップも装着してみたいそうで、以前写真で見たラリーを戦っているST205セリカっぽくしていきたいそうだ。
さらに、余裕があればオールペンもしていきたいと熱く語ってくれた。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – オーナー】
みーや

【取材協力】
草木ドライブイン

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。