【デモカープロジェクト】ブレーキホースの選択

以前から感じていた愛車ST205セリカGT-FOURのブレーキへの違和感。
踏みしろが奥目だったり踏み応えが柔らかく不安に感じていたところ、先日とあるワインディング路を走った際に一瞬すっぽ抜けたような感触を味わったため、今後の安全確保のためにとブレーキに手をつける事にした。

通常なら強化されたブレーキパッドやキャリパー、ローターへの交換が思いつくところだが、現在のブレーキの状態を調べたところ、中古車として購入した当初からブレーキパッドには社外品(エンドレス製?)が装着されており、パッド残圧も余裕たっぷり。
ブレーキローターもダメージが少なく、研磨だけでまだまだ使えそう。
そしてブレーキキャリパーは汚れが酷かったものの、ピストンの動きに異常は見受けられなかった。

ただ、ブレーキホースだけは年式相応の劣化具合を確認。
恐らくこれがブレーキフィーリングに悪影響を与えていたのだろう。
今後を考えると交換すべきと判断。
そして純正から対向4ポット(フロント)、対向2ポット(リア)のアルミキャリパーがおごられている事もあり、このままでもブレーキ性能は必要十分。
であれば下手に弄らず、ブレーキのオーバーホールを行いリフレッシュさせる事にした。

さて、劣化したブレーキホースから何へ交換するか?
通常だと純正パーツ、社外パーツ、ワンオフ品の依頼といくつか選択肢がある。

そういえば、一般ではそれほど知られていないが、自動車部品メーカー”キノクニ”などでは純正ブレーキホースをベースにステンメッシュのブレーキホースを製作するサービスも行っているので、部品の少ない車のオーナーさんはぜひ覚えておくといいだろう。

そういった選択肢の中から、今回のST205セリカ用として選んだのは社外パーツ。
当初、ST205も社外パーツの多くが廃盤となっておりワンオフ品を検討していたのだが、なんとクロカン4WD・SUV系パーツ開発を行っているシューエイ(株)のパーツブランドGANLOCKから、ST205用のステンレス製ブレーキホースがリリースされていた。
たまたま同じ型番のブレーキホースを開発したのかもしれない(実際、自社サイトのカタログにはST205は掲載されていない)が、使えるものなら使ってみよう、少なくとも劣化したブレーキホースよりは悪くならないだろうと採用する事にした。

GANLOCK製ブレーキホースの詳細はこちらをチェックして頂きたいが、ラフロードを走ることを想定してか、制動力のロス減少はもちうろんのこと、かなり耐久性を重視した作りがされているようだ。
ブレーキフルードも専用開発のDOT4規格を付属させる拘りようで興味深い。
街乗りベースの編者の使い方ではオーバースペックかもしれないが、今後長く乗っていくことを考えたらこのくらいが安心できる。

オーバーホール後のブレーキキャリパーにGANLOCKブレーキホースを取り付けた状態がこちら。
取り付けと調整は、いつもの横浜のチューニングショップRevolfe S.A.にお願いした。

早速街に山にと走り込んで感触を確認してみたが、残念ながら踏みしろが奥目なのは変わらず。
だがグッとした踏み応えに対する力強さが増している感じだ。
その後も何度か急ブレーキ気味に踏み込んでみたが、感じた力強さは変わらず安定した効きが得られた。
踏みしろが手前なのが自分好みだが、これは慣れの問題で解決できそう。
しばらくこの状態で乗ってみることにした。

新たな変化があり次第、あらためて報告する。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【写真協力 – お問合せ】
Revolfe S.A

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。