20200125_自動車リース_エルドオートサービス_カスタムパーツ_東京オートサロン

オートリースでカスタムカーに乗れる – 東京オートサロン2020

東京オートサロン2020ピックアップ

新車は欲しいが価格は高くて手が出せない、毎月の維持費や税金、そして車検が何かと手間で大変という方に朗報だ。
エルドオートサービスでは、オートリースプログラム・プラスアルファというカーリースサービスで新たな車との付き合い方を提案している。
高い車を無理して購入するのではなく、今後の維持費、将来的な乗り換えや売却の事を考慮してみると悪くない選択肢かもしれない。

20200125_自動車リース_エルドオートサービス_カスタムパーツ_東京オートサロン_02

まず一般的なカーリースについて簡単に説明しておく。
これは一定期間一定料金でリース会社から契約者へ車を賃借するサービスで、どちらかと言えば主に法人向けサービスとして良く聞く。
いくつかの会社では営業車をリースで使っているところも多いだろう。
近年では個人向けマイカーリースもあり、一般でも利用しやすくなっている。

カーリースのメリットとしては、少ない金額で車に乗れる、リース料金に登録諸費用や税金、任意保険、車検費用、法定メンテナンス費用が含まれる点だろう。
また所有者はリース会社なので、法人では固定資産として計上する必要もない。
リース料金は全て必要経費として処理できるので、経理処理の面倒も大幅に省く事ができる。

20200125_自動車リース_エルドオートサービス_カスタムパーツ_東京オートサロン_03

さて、このオートリースプログラム・プラスアルファ
主だった特徴は以下の通りとなる。

・新車販売している車は全て対象。
・個人、法人OK。
・登録諸費用や各種税金、法定メンテナンス費用、任意保険、車検費用はリース料金込み。
・自社整備工場で点検、整備を無償で行う。
・ご希望の社外カスタマイズパーツ(車検対応品のみ)を車に装着してリースする事が可能。
・リース料金は全て消費税込み。

20200125_自動車リース_エルドオートサービス_カスタムパーツ_東京オートサロン_01

消費税込みなのも驚きだが、まさかリースする車をカスタム出来るとは。
これまでにチューニングカーやカスタムカーも手掛けてきたエルドオートサービスならではのカーリースサービスと言える。
もちろんリース車両なので自分で勝手に弄る事は出来ないが、車を弄れないが普段から他とは違う個性的な車に乗っていたい、今後も色々な形の車に乗っていきたい方にはちょうどいいだろう。
なにより弄った車では場所により整備を断られたり、整備、点検をするにしても一定の知見、経験が必要となってくるが、こちらはそういった車も多く扱ってきているのでその点も問題はない。
確かな技術で、安心して乗れる車を送り出してくれるだろう。

興味を持った方は、公式サイトを通してぜひ問い合わせてみてほしい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ】
オートリースプログラム・プラスアルファ(https://cariru-1.com/)
エルドオートサービス
東京オートサロン事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。