You are here
Home > REVIEW > 【デモカープロジェクト】悪天候下のLEDヘッドライトの実力

【デモカープロジェクト】悪天候下のLEDヘッドライトの実力

20190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧

LED球の性能向上には目を見張るものがある。
つい数年前までは明るくなく、素子を増やして大型化させないと使いものならないなど酷評されていたが、近年はハロゲン球は言うに及ばず、小型ながらHIDタイプに匹敵する明るさのものまで出てきている。

LEDはその特性上、消費電力を抑える事ができると言われており、電気代の節約やエコになるからと大手デパートなどにも続々と採用されている。
またスイッチONから点灯までの時間が異常に早く(即時点灯性が良い)そして長寿命。
頻繁なライトのON・OFFにも寿命が影響を受ける事がないときている。

20190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧_01

これだけ良いこと尽くめなLEDの恩恵に預かれればと、今回愛車のトヨタ・セリカGT-FOURの灯火類をほとんどをLED化してみる事にした。
と言っても、変えてないのは普段使わないハイビームと目立たないライセンスプレート球だけなので、実際はフルLED化に近いのだが。

当初、個人的に明るさはそれ程期待してなく、どちらかと言えば、消費電力を抑える事によるオルタネータやバッテリーの負荷軽減に繋がればと思っての事。
その他の要素にはそれ程関心を持っていなかった。
そのため特に拘りもなかったため、今回は作業を依頼したチューニングショップ Revolfe S.A. に、製品選択から取りつけ、セッティングを全て任せる事にした。

20190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧_02

結果フォグランプにはIPF、その他はPIAAのLED球で固められる事になったが、その明るさたるや驚異的だった。

ぼんやりした明るさでもなく、眩しく刺すような明るさでもない。
まるで部屋に明かりが灯ったような明るさで、外灯のない道路でも一気に視界が開けた感じだ。
これなら視力の弱い年配の方でも、安心して夜道をドライブする事が出来るだろう。
点灯までのレスポンスも噂通り早く、一瞬で点くさまはとても気持ちが良い。
もちろん、ちゃんと車検に通るような光軸調整がなされているので、前走車ドライバーに眩しい思いをさせる事だってない。

このように予想以上に良い事尽くめだったLED化だったが、一つだけ気になる点があった。
以前から、雨や霧などの悪天候下でLEDは見づらい、白く反射して視界を奪われてしまい危険だと言われてきた。

本当のところはどうなのだろう?

実際に経験してみようと、深夜に雨と濃霧の発生する山の中を走ってみる事にした。

20190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧_0620190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧_03

結論から言えば、雨は外灯のある市街地では全く問題なし。
外灯のないところでも視界はちゃんと確保されており、見えなくなるという状況にはならなかった。
霧も、確かに濃霧では見えにくくなるが、ハロゲン球でも同様の状況になっていたし、同じように注意して走れば問題はないように思えた。

20190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧_04 20190316_LEDヘッドライト_夜_雨_霧_05

なにより、霧という白い壁を突き破るように照らしてくれたおかげかそれなりに視界が確保されており、いきなり見えなくなって慌ててしまうような状況にもならなかった。

どちらにせよ、スピード落としつつ注意して走る事には変わらないが、その点さえ頭にいれておけば、LEDでも悪天候下は問題なく走れる。
今回その事実を身をもって体験できた。
いずれ機会を見て、動画でその明るさや悪天候下での様子を撮影してみたいと思う。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – お問合せ】
Revolfe S.A.

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top