You are here
Home > SPECIAL > トヨタ参戦への布石か?カローラスポーツWTCRイメージカー

トヨタ参戦への布石か?カローラスポーツWTCRイメージカー

20190203_アドバン_カローラスポーツ_wtcr_オートガレージHKY

世界中の自動車メーカー、モータースポーツチームが注目を集め活況を呈しているツーリングカーレース”WTCR”。
TCR規格にのっとって制作されたマシン達がぶつかるスレスレの激しいバトルを繰り広げるそのレース。
日本車では、ホンダ・シビックの活躍が記憶に新しいところ。
また近年はスーパー耐久でもTCR仕様のマシンも多く戦っているし、なにより今年2019年は”WTCR“の日本版”TCRジャパン”開催も予定されている。
段々と身近になってきつつあるTCR規格のマシン達。

そんな中、ここ東京オートサロン2019の横浜ゴムブースでは、新たなTCR規格の日本車が登場した。
ベースは去年発売されたばかりのトヨタ・カローラスポーツ。
その全容をチェックしてみた。

20190203_アドバン_カローラスポーツ_wtcr_オートガレージHKY_01

20190203_アドバン_カローラスポーツ_wtcr_オートガレージHKY_03

走りを象徴するアドバンカラーが全面に施された車体。
空力パーツ的な造形のワイドフェンダーと長大なウイングに思わず目がいってしまう。
現役TCR車両と遜色のない迫力とカッコ良さを見せてくれるこのカローラスポーツだが、正確に言えば、これは正式なTCR車両ではない。
WTCRの公式タイヤサプライヤーでもある横浜ゴムが、東京オートサロン2019の盛り上げとWTCRに対する認知度向上のため、”カローラスポーツ”をTCR規格に沿った外装で制作した”横浜ゴム”オリジナルのデモカーなのである。

その直ぐにでもサーキットを戦えそうな完成度とその流麗なスタイリングを制作、まとめていったのは、チューニングカーやレーシングカーのボディ制作で豊富な実績を持つ”オートガレージHKY”。
横浜ゴムから相談を受けたある日本のモータースポーツチームから作業依頼があったそうで、それほど日がないなか、東京オートサロン開催ぎりぎりまでコツコツ仕上げていったという。

20190203_アドバン_カローラスポーツ_wtcr_オートガレージHKY_02 20190203_アドバン_カローラスポーツ_wtcr_オートガレージHKY_04

細部のクオリティもお見事。
時間がない中でも、さすがプロの仕事と言わんばかりの仕上がりだ。
特に、ドアとフェンダーまでのラインのバランスが上手くまとまったという。
まだこの車両をご覧になっていない方は、全景だけじゃなく細部までプロの技をチェックして頂きたい。

この車、残念ながら本当に外装だけで、タイヤもほとんど切れないしで現状走らせることは無理とのこと。
ぜひ、この”カローラスポーツTCR”と”シビックTCR”が戦う姿を見てみたい。
せめてサーキットでデモランくらい出来ると、ファンならずともかなり喜んでしまうんだが。
トヨタへのアピールをどんどんして行ければと思う。

20190203_アドバン_カローラスポーツ_wtcr_オートガレージHKY_05

足元も当然ADVANで。
そういえば”WTCR”2019シリーズに加え、”TCRジャパン”でも横浜ゴムが公式サプライヤーを務めるという。
なるほど、その力のいれようもわかる。

さて、日本と世界で戦うTCR車両は、ホンダ・シビック以外は全て外車であり、そのシビックも、マシン制作は外国の実績あるレーシングチームが手掛けている。
物作り復権を目指す取り組みが盛んな日本だが、コストの問題からか、ことモータースポーツに限っては海外で作らせてそれを購入というスタイルが多く取られている。
オートガレージHKY“のような高い技術力を持つところがまだいっぱいあるのに、これではちょっと寂しい気もする。
せめて日本車だけでも、日本の技術主体でTCR車両を作れないものだろうか?
例えばスーパーGTのように共通のシャシーだけ使い、あとはレギュレーションの範囲内で自由にやらせるとか?

メイドインジャパンなマシンが優勝争いするシーン。
考えただけでワクワクするのだが。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – お問合せ】
横浜ゴム

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top