20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス

憧れのVARISのエアロキット装着のスバルWRX STI


先日開催されたカスタムカーイベント”フェンダリストジャパン”のエントリー車から、REVOLT-IS目線で気になった車をピックアップ。
前回に続き、今回もスバル車。
GVB型のWRX STIを取り上げてみた。

20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス_01

まるで、メーカーデモカーのような美しさでアピールしてくるこちらのWRX。
それもそのはずで、この車は人気エアロパーツメーカー”VARIS”のワイドボディキットが装着されている。

オーナーは”もってぃ”さん。
以前から憧れていたというVARISのエアロパーツが装着できた事で、その喜びは、かなりのものだっただろう。

20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス_07

どれだけ素晴らしいボディキットも、取り付けや補正、チリ合わせといった技術が未熟では台無しだ。
そこで思案の末、地元である三重県のパーツショップTAKAへその作業を依頼した。
工期は2カ月ほど。
完成したのが今から1年前くらいという。

カスタムカーが大好きという”もってぃ”さん。
ただVARISのデモカースタイルをフルコピーするのではなく、いかに自分らしさを取り入れていくか考えてみたという。
そこでまずはステッカーワーク、フロントカナード、ウイング、車高、ツライチ、ホイールチョイスといった箇所を中心にカスタマイズしていった。

20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス_02

綺麗にセッティングされた小降りなカナード。
大きさや角度もバランスは良さそうだ。
WRXのボディラインとも調和が取れており、良いアクセントになっている。
欲を言えば、サイドダクト上ではなく上下に配置するように出来なかったかなと。
すっぱりダクトを埋めるか、別の箇所に新造するのもありかと思う。

ワイドフェンダーとアルミホイールとのツライチ具合も綺麗に揃えられている。
これで普通に走行できるのだから、走行中の見栄えも格段に上がるだろう。

20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス_05

ステッカーワークも、各ロゴの配置、フォントの大きさ、黒で統一。
ホワイトボディとの色合いも上手く考えられている。

20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス_03

VARIS公式サイトのカタログ写真と見比べて欲しい。

まずアルミホイール。
全景写真で見ると、ボリューム感が増している事がわかる。
そしてカラーもワインレッド系とする事で、強烈にアピールしてくる。
ボディーカラーが無彩色や地味目だった場合、赤系のような攻撃的な色を下に配置する事は視覚的な安定感を生み出し、見た目のバランスが格段に良くなる。
これが黒系ホイールだと全体的に地味に見えてくるし、さらにルーフやボンネット、ウイングといった箇所をワインレッドにしてしまうと、車上部ばかりが目立ってきて視覚的にバランスを欠いてしまう。
カッコ良さに拘るなら、色の配置、バランスも十分に考え抜くべきだ。

20181215_フェンダリストジャパン_スバル_wrx_gvb_バリス_04

最近装着したというこのリアウイング。
GTウイングと言えば、その多くがカーボン柄、黒系でまとめられているが、こちらは翼や翼端板、マウント部を白で塗られている。
黒系だと、場所や明るさよってはそんなに目立たくなり、ウイングレスのようにも見えてしまう。
こうする事で、どのような場所でもウイングがある事を強調する事ができるだろう。

さて、ここまでの車に仕上げた”もってぃ”さんだが、まだ満足していないようで、翌年以降でさらなるカスタマイズを考えている。
ここからどのように進化させていくのか?
今後の展開を興味深く見ていきたい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
もってぃ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。