You are here
Home > OWNER'S > ラリーレプリカからオンリーワンへ

ラリーレプリカからオンリーワンへ

20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX

先日開催されたカスタムカーイベント”フェンダリストジャパン”のエントリー車から、REVOLT-IS目線で気になった車をピックアップ。
今回は、こちらのスバル・インプレッサWRXを取り上げてみたい。

20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_01

20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_05

一見、ラリーレプリカ風なのだが、VOLTEXエアロ、フェンダー、アンダーパネルとカナード、サイドフェンス、スプリッターウイング、リアディフューザーといった外装パーツを、実に絶妙なバランスで組み合わせている。

配色のバランスもGOODで、下手に色を増やさず、その多くを青、黒、白系で統一。
そのせいか、そのバランス感を一層際立たせているように思える。

当然、今できる低車高やワイドトレッドとのバランスも、十分考慮されている事だろう。

元々ラリーレプリカとして一定の完成度が保たれていたのだが、オーナーのすぎさんはさらなる個性を求めて仕様変更を決断。
全体のバランスに細心の注意を払いつつ、自分の思い描くスタイル構築のため、様々なパーツの吟味やパーツ制作を行っていったという。

完成度の高い車ほど、そこからさらに弄ることは意外と難しい。
安易なパーツ交換一つで、容易にバランスを崩してしまうからだ。
そんな車は、一部にはウケがいいものの、より多くの羨望と評価を集める事は困難だろう。
オーナー自身、明確で具体的な理想像を持つ事が、必要不可欠となる。

20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_03 20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_04

細部の目を向けてみる。
下回りに綺麗に配置されたリップスポイラーとサイドスポイラーは、オーナー自身の手で制作されている。
ここも、全体とのバランスや他のパーツとの調和をかなり考え抜いたそうで、何度かの試行錯誤の末、今の形に落ち着いたという。

間近で見ると、フロントからサイドへ至るラインがとても綺麗にまとめられている。
欲を言えば、サイドスポイラーをもう少し外に出して欲しかったところだが、日常の使い勝手と普段乗りの事を考えてこの位置にしたそうだ。
ただ、さらなるアイディアを持っているそうで、いずれ近い内にちょっとしたモデファイが加えられるかもしれない。
期待しておこう。

20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_02

オーナー一押しのフロントリップスポイラーのアップ。
VOLTEX製カナード、バンパーとの見た目のコンビネーションは抜群。
ダウンフォースもかなり効きそうに思えたが、実際本当に凄い力がかかるそうで、リップスポイラーが何度か脱落仕掛けたらしい。
現在は、フロントダクトから生えているサポートバーの装着で事なきを得ているとか。

20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_06 20181201_フェンダリストジャパン_スバル_インプレッサWRX_07

グイっと張り出したボリューム感溢れるフェンダー周り。
筋肉質で躍動感さえ感じてしまうこのスタイルを形作るのには、ワイドトレッドもさる事ながら、オーナーの拘りで装着されたタイヤとアルミホイールのチョイスが高い効果を与えている。

足元を拘るだけでも、車の見え方がかなり変わる。
その好例を見せつけてくれた。


さて、今回紹介したスバル・インプレッサWRX。
まさにオーナー”すぎ”さんだけの一台と言えるスタイルを見せつけてくれた。
実際”フェンダリストジャパン”会場でも直ぐにすぎさんの車だとわかったほどで、独特の存在感がそこにあった。

そんな”すぎ”さん。
普段から情報収集を欠かさず、様々なカスタムカーオーナーとの交流も盛んで、暇さえあればカスタムカーイベントにも遊びに行っているという。
そして無類の車写真好きで、彼のSNSには素敵な写真がよくアップされている。
恐らくそうした事で、自身のカスタムセンスが磨かれていったのだろう。

そう思うと、もし本気でアワードを狙いにいく車作りをしたらどうなるか?
ちょっと見てみたい気もする。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
すぎ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top