You are here
Home > OWNER'S > 両極端のランサーエボリューションカスタム

両極端のランサーエボリューションカスタム

20181014_ランサーエボリューション_若者_オーナー

とあるイベント帰り。
大黒PAで休憩をしていたところ、たまたま、興味深いカスタムが施された三菱ランサーエボリューションの2台に遭遇した。
カスタマイズの方向性は全く違う2台だが、どちらもバランスよくまとまっており、それでいて”これが自分の車だ!!”と言わんばかりの個性の主張も出ていた。

さっそく声を掛け、その2台を少しだけチェックさせてもらった。

20181014_ランサーエボリューション_若者_オーナー_01 20181014_ランサーエボリューション_若者_オーナー_02

スーパー耐久マシン?GTレースカー?
そんな雰囲気を醸し出すワイドボディなこの三菱・ランサーエボリューションのオーナーは、20代の男性オーナー”イブ”さん。
数々の有名レースカー、カスタムカーを作りあげてきたオートガレージHKYの手で仕上げられたそのボディは、戦闘的な存在感を醸し出している。
やはりワイドボディの迫力はいい。
理想のスタイルで公道もそのまま走れるようにするため、ショップさんとも細かく打ち合わせを重ねたらしい。
本人もその仕上がりには大変満足しており、暇さえあればこのランエボで、各地のイベントやオフ会に遊び行っているという。
ところで、とても速そうに見えるが、実際はどうなのかは本人に聞いて頂きたい。

20181014_ランサーエボリューション_若者_オーナー_03 20181014_ランサーエボリューション_若者_オーナー_04

”ランサーエボリューションに一目惚れした”
”初めて乗る車はランエボに決めていました”
そんな思いで、三菱・ランサーエボリューションのオーナーなる女性オーナーさんが目立ち始めている。

このランエボオーナーも20代の女性オーナー”よぴちゃん”さんで、やはり初めての愛車なんだそうだ。
いきつけのショップや彼氏さん、仲間達に協力してもらいながら、マイペースでコツコツ愛車を弄っているという。
いいなと思ったのが、純正リアウイングを外してダックテールスポイラーを装着している点。
色も、トランクと同じ黒にまとめてあり、自然な一体感を醸し出している。
この車でのドライブをとても楽しまれているようで、彼氏さんや後輩のカメラマンを伴い、暇さえあれば、色々なところへお出かけしているという。

ちなみにこちらのインスタでは、その後輩さんが撮影した写真が数多くアップされている。
ぜひチェックしてみてほしい。


この2台、方向性は違えど、エアロキットやタイヤ・ホイールのチョイスやセッティング、車高、全体の配色パターン、スタイルといった要素のバランスがとても優れていた。

二人のオーナーさんとも、

愛車の理想像が明確。
写真好き。
愛車の見せ方に拘っている。

という点で共通しており、こうした趣味、嗜好が、愛車カスタムのセンスを自然と磨かれてきたように思える。
人とは違う個性を愛車に出したい方には、参考になるのではないだろうか?

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力】
”イブ”さん
”よぴちゃん”さん

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top