You are here
Home > REVIEW > 【デモカープロジェクト】最適のアライメントに拘れるアイテム

【デモカープロジェクト】最適のアライメントに拘れるアイテム

20181010_セリカ_GTFour_ウチダカーワールド_アライメント

3年計画でお送りしている、トヨタ・セリカGT-Four(ST-205)のREVOLT-IS”デモカープロジェクト”。
※ご存知ない方は、まずはここをご覧ください。

走りも重視する本プロジェクトでは、最適なアライメントセッティングは欠かせない。
そこで納車のタイミングで、写真のパーツを導入する事にした。

これはサスペンション周りに装着するパーツで、リジッドコントロールカラーネガティブキャンバーアダプターというもの。
カーショップ”ウチダカーワールド”のオリジナル商品だ。
これを装着する事でステアリング操作にしっかり感が増し、キャスター角調整が行えるようになり、ネガティブキャンバーも3度近くに設定できるという。

20181010_セリカ_GTFour_ウチダカーワールド_アライメント_01

装着後に1,000km走りこんでみたが、どちらかと言えば、今後のセッティングツールとして、セッティング箇所を増やす一環として取り付けたので、効果の面で大きな感想はない。
ただ、ステアリングにはどっしりした感触と剛性感が伝わるようになった。
そのせいか、走行中もフラフラするような事はなく、ストレートも安定して走ってくれる。
これなら安心してアクセルを踏めそうだ。

ただステアリングがちょい重めなので、今後、タイヤ交換の際にキャスターを少し弄ってみようかと考えている。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【パーツ協力・問い合わせ】
ウチダカーワールド

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top