You are here
Home > SPECIAL > WRC 2019年の日本戦開催へ大きく前進

WRC 2019年の日本戦開催へ大きく前進

20180822_WRCジャパン_世界ラリー選手権

WRC世界ラリー選手権を日本へ。

今年2018年の東京オートサロンで発表がなされたWRC日本ラウンド招致準備委員会
以後、開催地候補の視察、関係各所との話し合い、WRCプロモーターとの水面下での交渉が進められてきた。

今回、その活動報告会が東京国際フォーラムで開かれた。
すでにSNSや各メディアで情報を見聞きされている方が多い事と思うが、ここにあらためて現在の情報をまとめてみたい。

20180822_WRCジャパン_世界ラリー選手権公式ロゴ
©Rally Japan

WRC世界ラリー選手権 2019 日本ラウンドに向けた招致活動の状況】
株式会社サンズWRC日本ラウンド招致準備委員会を設置。日本国内のプロモーター(興行主)となる。
WRC日本ラウンド招致準備委員会が、このたびJAF(日本自動車連盟)を通じてFIA(国際自動車連盟)に対して、2019年WRC日本戦開催のカレンダー申請を行った。
・開催期間は次の3候補の中から決まる予定。
①11月14日 ~ 17日
②11月7日 ~ 10日
③9月12日 ~ 15日
・開催地は愛知県と岐阜県
愛・地球博記念公園と周辺自治体の一般公道や林道(舗装路)
公園構内は十分な広さがあり、周辺の周辺のサイクリングロードでスーパースペシャルステージ開催も検討している。
他、愛知県(名古屋市、豊田市、岡崎市、新城市、長久手市、設楽街)、岐阜県(中津川市、恵那市)といったところ。
株式会社サンズWRC公式プロモーターと日本戦の興行に関する契約を結ぶ。契約期間は4年間。
・日本ラウンドが2019年からのWRCカレンダーに正式に加わった場合、2019年から2022年まで開催される事となる。
・大会名称はRally Japan
・主催はトヨタモータースポーツクラブ(TMSC)
・共催は株式会社サンズ
・正式にカレンダー入りするかわかるのは、冬に入った時期当たり。

こんなところだろうか。

古くからのWRCファンならば、ある意味”第1期”となるWRCラリージャパンが2004年から2010年まで北海道内で開催されていた事を思い出すだろう。
この時は毎日新聞社、十勝毎日新聞社、読売新聞社といった報道機関が主催、後援を務めていたが、”第2期”WRCラリージャパン開催を目指す今回は、日本で長年、車関係のイベント企画、開催にモータースポーツ向け媒体を作り続けてきた株式会社サンズが取り仕切る事となる。
一般には、オートスポーツWeb東京オートサロンの主催などでお馴染みだろう。

長年、国内外の様々な自動車事情、モータースポーツを見聞きしてきたその知見とネットワークが、WRC日本戦開催に向けてどのように生かされるか非常に期待に楽しみなところだ。
招致交渉もとても順調に進んでいるという。

20180822_WRCジャパン_世界ラリー選手権_安東弘樹_梅本まどか_栗田佳織_小塚崇彦

そんなWRCラリージャパンを実現させよう!
会見場には、モータースポーツ好きな芸能人、著名人を代表したこちらの4名がWRC招致応援団を結成。
それぞれWRC招致に向けて意気込みを語ってくれた。

【安東弘樹】
元TBSのフリーアナウンサーで、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務める。
今回の報告会の司会進行も務められた。

「車好きは3歳の頃からですが、モータースポーツに興味を持ったのが割と後からで、偶然見た2003年WRC総集編のDVDですっかりのめり込んでしまいました。
以降、給料と相談しながら毎戦DVDを買うようになっていましたね(笑)。
それがきっかけとなり、F1や他のカテゴリーのモータースポーツも見るようになりました。
そんなキッカケとなったWRCが日本で開催されていない。
そんな状況に憂い、ぜひWRCを日本にもと思っていたところ、今回の招致応援団にとお声を頂きました。
とてもタイミングが良くて、フリーアナウンサーになって本当に良かったと思ってます(笑)
皆さん、よろしくお願いします!!」

【梅本まどか】
アイドルグループSKE48の元メンバー。モータースポーツや車、バイクなどの各媒体でも活躍中。

「日本へのWRC招致応援団に選んで頂き、とても嬉しいです。
元々はサーキットが好きだったんですけど、今年からGAZOOのラリー選手権に参加させて頂き、新たな魅力を感じているところです。
そんなラリーの世界版、WRCが日本に、それも地元の愛知で行われるかもしれないという事に、とてもワクワクしています!
多くの方にWRCの事を知ってもらえるよう、一生懸命頑張ります!!」

【栗田佳織】
WRCコメンテーター。2011年からJ Sportsの番組内で進行を務める。愛車はトヨタ86。
少林寺拳法の有段者としての顔も。

「WRCの番組を担当して今年で8年目となります。
初めてWRCを見たとき、これは世界一のモータースポーツだなと思いました。
実際、生で見ると迫力が違うWRC。それが日本にやってくる?本当に嬉しい事だと思っています。
ラリージャパンについて思っている事は、トヨタだけでなく、他の日本メーカーにも興味を持ってもらいたいという事。
過去1993年から1999年まで、WRCで日本メーカーが7連覇してるんですよ!
そんな黄金時代をまた見てみたいです。
多くのファンの皆様、そして自動車メーカーの方々に興味を持ってもらえるよう一生懸命頑張ります!」

【小塚崇彦】
元フィギュアスケート日本代表選手。現在は、フィギュアスケートデモンストレーターやスポーツ全般の普及活動に活躍されている。
2018年7月に86/BRZレースに初参戦を果たす。

「今年モータースポーツにチャレンジする事を発表しまして、自分なりのモータースポーツの楽しみ方を、皆さんにお伝えする活動をしております。
そんな中、日本でのWRC開催に向けて招致していくという事で、その盛り上げに貢献していけたらと思っています。
まだまだ僕自身、ラリーについては深く知りません。
ぜひ皆さんと勉強していって、よりラリーを楽しめるよう、モータースポーツ界を盛り上げていけるように頑張っていきたいと思います。
日本にWRCを!皆さん、頑張りましょう!!」

20180822_WRCジャパン_世界ラリー選手権_02

日本の自動車文化は欧米に比べて遅れている。
それは、モータースポーツがF1以外の認知度が低い事にも表れている。

安東アナが紹介した栗田佳織さんのエピソードでこんな話がある。

愛車のトヨタ86を とあるトヨタディーラーへ点検に持っていったときの事。
WRCでトヨタが3連勝を果たした話題をディーラーメカニックに振ったところ、”それってなんですか?”と、自分のとこのメーカーが優勝したのに全く知らなかったという。

コアなファンにはとても失礼な言い方だが、それだけ、日本国民の関心が低いモータースポーツと言わざるえない一つがWRCなのである。

そんな状況を変えていきたい!!
日本にWRCを広めていこう!!

WRC日本ラウンド開催に関わる全ての方々から、そのような強い意気込みを感じとる事ができた。

そんな編者も、1990年からF1と一緒にWRCを見てきた世代で、ラリーはもっとも好きなモータースポーツの一つ。
微力ながら、招致に向けて応援していきたいと思う。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材・写真協力 – 問い合わせ先】
WRC日本ラウンド招致準備委員会

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top