You are here
Home > SHOP > 車とステーキとワイスピなノリを楽しむ

車とステーキとワイスピなノリを楽しむ

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ

STEAK R357 YOKOHAMA
車好きドリフト好き、そして車業界人も多く集まるお店としても有名なステーキ店だ。
深夜でも美味しいステーキが食べられるをコンセプトに、美味しい食事とお酒を楽しみながら、お客様同士の賑やかな語らいの場になればという思いで営業されている。

そうして様々なご縁、応援もあり、もうじき開店一周年を迎えるというこのステーキ店。
ちょうど時間が作れた事もあったので、自慢のステーキを食しに行ってみることにした。

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_01 20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_05

代表の方は無類の車好き。
その嗜好が店のインテリア、エクステリアに随所に凝らされている。
ちょうどこの日、入口にはイケてる日産・180SXが鎮座していたが、たまに車が違う事もある。
この店を背景に愛車の写真を撮りたい方もいるようだが、一度お店の方に相談してみたらいいだろう。

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_07

多くのチューニングパーツやカー用品も取り扱っている。
もちろんこれらに対する質問もOKだし、販売もしているそうだ。
食事やお酒の合間にこれを覗きながら、会話を弾ませるのも楽しいかもしれない。

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_02 20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_03

店内はアメリカンバースタイルなのだが、まるでワイルドスピードの世界に迷い込んだかのよう。
中からドミニク・トレッドやブライアン・オコナーが出てきても不思議ではない。

当日導入したばかりのダーツや、ドライビングシミュレータまで備えており、遊び場としても十分な設備が整っている。
当日は偶然、顔見知りが何人か来店していたが、談笑したりダーツに興じていたりと、さっそく楽しんでいた。

そしてお酒とメインのステーキは楽しのは、カウンターや周辺に配置したテーブルでとなる。
お客さんの嗜好に合わせ、アクティブに楽しむ場、会話や食を楽しむ場がきっちり分けられているところが良い。

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_04

こちらが当日食したステーキメニュー。
メニュー表には、某有名ドリフトチームの名を冠したものもあったりしてとてもユニーク。
使われている写真も、車界隈のSNSで有名なカメラマンの手によるものとの事だ。

肝心のステーキを食べた感想を言ってみよう。
つい調子にのり、周りが食べきれるか心配になるほどの量を注文してしまったが、ボリュームがあるのにとても食べやすく、口の中に溢れる肉汁が食欲を増進してくれた。
肉自体の美味さが出ていたのか、特にソースをつけなくても十分に美味しかった事に驚いた。
もちろん、ソースを付けたら美味しさがさらに増したのは言うまでもない。
おかげであっという間にたらいげてしまった。
お酒は甘いカクテル系を注文したが、この肉なら生ビールもよく合いそうだ。
いやそうなるとご飯も欲しくなる。

そういえば、この店で出されるカレーも評判で、ランチタイムでもよく注文される人気メニューと聞く。
次回、ぜひ試してみたいものだ。

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_06

店内に掲げられた数々のサイン色紙。
よく見ると凄い方々ばかりだ。
こういうビッグネームを見ると、ついオタク心がうずいてしまう。
一度お会いしてみたいものだ。

20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_09 20180701_ステーキハウス_R357_ヨコハマ_08

STEAK R357 YOKOHAMA の名物の一つであるこのドライビングシミュレータ。
これはT3Rドライビングシミュレータというもので、料金さえ払えば誰でも楽しむ事ができる。
色々見せてもらったのだが、国内外の多くのサーキットデータだけでなく、首都高や峠、埠頭といったストリートスポットのコースデータまで収録されている。
コースデータだけでない、選択できる車も市販車からF1などのモータースポーツ車両、チューニングやドリフト、タイムアタック系まで豊富にラインナップしている。
その数は、へたすると某GTゲームより超えているかもしれない。

気づいた方もいるだろう。
サイドブレーキは、ドリ車でお馴染みの油圧サイドになっている事を。
これで、ドリフトを楽しみたい方にも十分に対応できるようになっている。

横で動作を見せてもらったが、コースも挙動も本当にリアルで、まるで実際に車を運転しているかのよう。
これならサーキットに行く時間がなくても、良い練習が出来そうだ。

最近ではVR機能も取り入れたそうで、よりリアル嗜好の方にも満足してもらえるようになっているとか。
今度、ぜひ挑戦してみたいと思う。


食とエンターテイメントが存分に詰まったSTEAK R357 YOKOHAMA
車好き、ワイスピ好きなら、ぜひ訪れてみてほしい。
そして近日中に開店1周年記念イベントも開くという。
きっと大変な盛り上がりになるに違いない。
こちらも気になった方は、公式FBのイベントページをチェックで。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
STEAK R357 YOKOHAMA
所在地:〒232-0025 神奈川県横浜市南区高砂町2-25
アクセス:横浜ブルーライン吉野町駅から徒歩5分
近隣200~500m圏内にコインパーキングもあり

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top